千葉卓三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

千葉 卓三郎(ちば たくさぶろう、嘉永5年6月17日1852年8月2日) - 明治16年(1883年11月13日)は、明治時代自由民権運動家。私擬憲法「日本帝国憲法」(通称:五日市憲法)の起草者として知られる。

略歴[編集]

1852年(嘉永5年6月17日)8月2日仙台藩陸奥国栗原郡刈敷村[1](現・宮城県栗原市志波姫地図[2]仙台藩士である千葉宅之丞の子として生まれる。
11歳で仙台藩藩校養賢堂地図)にて大槻磐渓に師事。
1868年(明治元年)、16歳にして戊辰戦争勃発。仙台藩士として出征、白河口の戦いに参加するも敗戦を経験する。
1872年(明治5年)、地元の水沢県に設けられたハリストス正教の祈祷所(後の金成ハリストス正教会地図[3]にて洗礼を受ける[4]
その後、各地を遍歴し、医学・数学・ロシア語国学浄土真宗儒学正教カトリックプロテスタントを学び、一時は商人に転向する。
1880年(明治13年)春より、神奈川県西多摩郡五日市町(現・東京都あきる野市)の勧能学校地図[5]に勤務。後に二代目校長となる。
1881年(明治14年)、私擬憲法「日本帝国憲法」を深沢権八らと起草したとされる。
1882年(明治15年)には持病の結核・胃病が悪化し、療養生活に入る。
1883年(明治16年)11月12日、治療の甲斐なく東京府本郷区(現・東京都文京区本郷)の竜岡病院にて死去。享年31。養女により、宮城県仙台区(現・宮城県仙台市青葉区)の北山五山資福寺地図)に葬られた。

1968年(昭和43年)、色川大吉東京経済大学教授(仙台の(旧制)第二高等学校から東京帝国大学に進学)により、深沢家土蔵地図)から私擬憲法「日本帝国憲法」が発見され[6][7]五日市憲法と名づけられた。その後、同憲法起草地である東京都西多摩郡五日市町(現・あきる野市)の五日市中学校、出生地である宮城県栗原郡志波姫町(現・栗原市)、および墓地がある仙台市の資福寺[8]に記念碑が建立された[9]

人物[編集]

彼の起草した五日市憲法(日本帝国憲法)は、現日本国憲法に近い基本的人権の尊重を重視し、国民の権利保障に重点をおいたものとなっている。

参考文献[編集]

  • 五日市憲法草案をつくった男・千葉卓三郎 ISBN 4774322466

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜毎日新聞1874年(明治7年)7月2日、第1077号)
  2. ^ 生家の住所は、仙台藩陸奥国栗原郡刈敷村 → 明治元年12月12日宇都宮藩取締地・陸前国栗原郡刈敷村 → 明治2年3月28日栗原県栗原郡刈敷村 → 明治2年8月12日胆沢県栗原郡刈敷村 → 明治4年11月2日一関県栗原郡刈敷村 → 明治4年12月13日水沢県栗原郡刈敷村 → 明治8年11月23日磐井県栗原郡白幡村 → 明治9年4月18日:宮城県栗原郡白幡村 → 明治22年4月1日:宮城県栗原郡志波姫村 → 昭和40年4月1日:宮城県栗原郡志波姫町平成17年:宮城県栗原市志波姫
  3. ^ 金成ハリストス正教会(栗原市)
  4. ^ {{{1}}} (PDF)
  5. ^ 1872年9月5日明治5年8月3日)に公布された学制により、当地の太子堂を転用して1873年(明治6年)11月に「勧能学舎」の名称で創立。1875年(明治8年)7月に「勧能学校」に改称。現在のあきる野市立五日市小学校の前身。
  6. ^ 22.深沢家屋敷跡(あきる野市「あきる野百景」)
  7. ^ 深沢家屋敷跡(宮城県東京事務所)
  8. ^ 昭和54年(1979年)、千葉卓三郎顕彰碑建立。
  9. ^ 26.五日市憲法草案碑(あきる野市「あきる野百景」)

外部リンク[編集]