北村けんじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北村 けんじ(きたむら けんじ、本名:北村憲司、1929年9月14日 -2007年8月21日 )は、日本児童文学作家

来歴・人物[編集]

福岡県生まれ。3歳の時、三重県桑名郡多度村(現・桑名市)に転居する。 多度村立多度小学校(現・桑名市立多度中小学校)、三重県立桑名中学校(現・三重県立桑名高等学校)を卒業。 中学卒業後、恩師に請われ、母校である多度小学校で代用教員として教壇に立つことになる。 その後三重大学学芸学部養成科(現・教育学部)を卒業。 三重県内の小学校で教員を務めるかたわら、数多くの児童文学を創作する。

1970年『ハトと飛んだボク』で新美南吉文学賞受賞、1972年、「まぼろしの巨鯨シマ」で第19回サンケイ児童出版文化賞(現・産経児童出版文化賞)を受賞。 1991年、母校・多度中小学校の校長を最後に定年退職し、以後創作活動に専念する。 1994年、「しいのきのひみつのはなし」で第5回ひろすけ童話賞を受賞した。

受賞歴[編集]

作品リスト[編集]

  • 『うりんこの山』瀬川康男理論社 1968
  • 『ハトと飛んだぼく』三井永一大日本図書 子ども図書館 1970
  • 『まぼろしの巨鯨シマ』瀬川康男絵 理論社 1971
  • 『ねしょんべんものがたり』堀尾青史脚本 北島新平画 川島美子展開指導 童心社 1973
  • 『家のなかは動物えん』三谷靭彦絵 日本書房 1974
  • 『チョビ屋は町のまがりかど』上矢津絵 偕成社 1974
  • 『トモカヅキのいる海』田畑精一絵 理論社 1975
  • 『亀ととやんとぼしゃぼしゃ』藤島生子絵 アリス館牧新社 1976
  • 『坂道のある学校』鈴木たくま絵 偕成社 1976
  • 『さよのいそ笛』鈴木義治画 童心社 現代童話館 1976
  • 『サロクふうりん』飯原一夫絵 理論社 1977
  • 『ドンが見た風の鳥』鈴木たくま絵 小峰書店 1977
  • 『こんなおいしいものはあじめて』わかやましずこえ 小峰書店 1978
  • 『風よぶカモン』今井弓子絵 PHP研究所 1979
  • 『なきむしクラスの1とうしょう』伊勢英子金の星社 1979 のちフォア文庫
  • 『サーカスのただきっぷ』難波三十四絵 太平出版社 1980
  • 『ヤチャぼうは三年生』伊勢英子絵 ポプラ社 1981
  • 『小海女のふきちゃん』石倉欣二絵 小峰書店 1982
  • 『ふたりの夕焼け』小林与志絵 偕成社 1982
  • 『桔梗屋のキツネたち』津田櫓冬絵 大日本図書 1983
  • 『くちぶえふいた子だあれ』勝又進絵 理論社 1983
  • 『トマト先生のくしゃみ』鈴木たくま絵 新日本出版社 1983
  • 『ぼくがサムライになった日』今井弓子絵 金の星社 1983
  • 『松本先生きらいです』石倉欣二絵 小峰書店 1986
  • 『カモメが光ってとんだ。』高橋透絵 教育画劇 スピカの創作童話 1988
  • 『どくろの旗がわらってる』古味正康絵 理論社 1988
  • 『ふたりぼっちのおるすばん』今井弓子絵 くもん出版 1989
  • 『わたしはのらねこてんこうせい』三好百合子絵 金の星社 1989
  • 『テッちゃんにあげるカタツムリ』今井弓子絵 草炎社 1990
  • 『木の精こだま物語』石倉欣二絵 小峰書店 1991
  • 『ぼくのたまご戦争』藤田ひおこ絵 偕成社 1991
  • 『4年1組わらったアカンベエ』福田岩緒絵 金の星社 1991
  • 『だれもいないまんいんでんしゃ』古味正康絵 文渓堂 1992
  • 『しいの木のひみつのはなし』永井やすこ絵 草土文化 1993
  • 『小さな小さな海うさぎ』ふりやかよこ絵 新日本出版社 1993
  • 『紙ヒコーキできた女の子』ふりやかよこ絵 草炎社 1994
  • 『子ヤギの木』ふりやかよこ絵 新日本出版社 1994
  • 『ギンヤンマ飛ぶ空』石倉欣二絵 小峰書店 1995
  • 『ふしぎなかくれんぼ』遠藤てるよ文研出版 1995
  • 『カッポ馬みちさかなみち』遠藤てるよ絵 文研出版 1997
  • 『五月の絵本』ふりやかよこ絵 新日本出版社 1997
  • 『ようこそドングリおんせんへ』宮本忠夫絵 新日本出版社 新日本ひまわり文庫 1999
  • 『川ねずみポーの花火』おぼまこと絵 小峰書店 2000
  • 『風伝の犬ハナ』三谷靱彦絵 小峰書店 2001
  • 『カワ太郎空をとぶ』古味正康絵 けやき書房 2002
  • 『クジャク砦からの歌声』石倉欣二絵 小峰書店 2003