勧修寺尹豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

勧修寺 尹豊(かじゅうじ ただとよ、文亀3年(1503年) - 文禄3年2月1日1594年3月22日))は、安土桃山時代公家公卿)。

堂上家である勧修寺家名家藤原北家高藤流甘露寺支流)の第12代当主。

経歴[編集]

権大納言であった第11代当主・勧修寺尚顕の子。室町幕府第10代将軍足利義尹(のちの義稙)から偏諱を受け、尹豊と名乗る(「豊」は第4代当主・経豊の1字)。母は石清水八幡宮検校澄清の娘。室は右京亮伊勢貞遠の娘。実子に権大納言勧修寺晴秀山城守・結城忠正の室、右近将監畠山家継西谷内畠山)の室などがいる。

武家伝奏を務める。

天文元年(1532年)8月8日、参議

元亀3年(1572年)2月3日、出家し、法名は、紹可

極位極官は、正二位(一位記返上)・内大臣

関連項目[編集]