勧修寺経熈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
勧修寺経熈
時代 室町時代
生誕 永享4年(1432年
死没 文亀4年2月17日1504年3月3日
官位 従二位権中納言
主君 後花園天皇後土御門天皇後柏原天皇
氏族 勧修寺家
父母 父:勧修寺経興、養父:勧修寺政顕
兄弟 教秀経熈阿野公煕
養子:尚顕
テンプレートを表示

勧修寺 経熈(かじゅうじ つねひろ)は、室町時代公家公卿)。別名は経郷

堂上家(家格は名家藤原北家高藤流甘露寺支流)である勧修寺家の10代当主。

経歴[編集]

権中納言勧修寺経興の子。権中納言勧修寺政顕の養子。養子に、権大納言勧修寺尚顕(実は、勧修寺政顕の子)。

文明17年(1485年)2月24日、従三位に叙。

極位極官は、従二位権中納言

系譜[編集]

関連項目[編集]