勧修寺経茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
勧修寺経茂
時代 室町時代中期 - 戦国時代
生誕 永享2年(1430年
死没 明応9年5月21日1500年6月17日
官位 正二位権中納言
主君 後花園天皇後土御門天皇
氏族 勧修寺家
父母 父:勧修寺経直、養父:勧修寺教秀
坊城俊名[1]
養子:政顕
テンプレートを表示

勧修寺 経茂(かじゅうじ つねしげ)は、室町時代中期から戦国時代にかけての公卿官位正二位権中納言勧修寺家8代当主。

経歴[編集]

永享2年(1430年)、参議勧修寺経直の子として誕生。

長禄4年(1460年)12月5日、参議に任じられる。

応仁の乱の戦火を逃れて京から脱出したが、その風体は乞食の様だったという。

脚注[編集]

  1. ^ 坊城俊顕の養子