加藤秀視

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かとう しゅうし
加藤 秀視
生誕 (1976-10-06) 1976年10月6日(40歳)
栃木県
国籍 日本の旗 日本
職業 実業家
人材育成家
慈善活動家
ベストセラー作家
著名な実績 不登校教育

加藤 秀視(かとう しゅうし、1976年10月6日 - )は、栃木県生まれの実業家人材育成家慈善活動家ベストセラー作家法政大学大学院(夜間)中退。血液型O型。

経歴[編集]

  • 1976年栃木県部落で生まれる。酒乱の父の暴力、虐待、借金、離婚、家庭内に多くの問題を抱え、養護施設に預けられる。
  • 1991年:中学校3年生で暴走族へ。ドラッグ傷害恐喝非行がエスカレートする。
  • 1992年:校内でケンカを繰り返し、高校を4ヶ月で中退。
  • 1994年:暴走行為、ケンカによる傷害事件により1回目の逮捕。
  • 1996年:北関東を中心とした最大の愚連隊を立ち上げる。暴走族の総代から裏社会へ。
  • 1998年:総数200名を越える集団暴走行為の指揮者として2回目の逮捕。
  • 2000年:仲間に同じ過ちを繰り返させない為に暴走族仲間7人と新明建設を設立。
  • 2006年:人材サービスを主体とした『株式会社創栄Group』を設立。
  • 2007年:活動を通して「愛」や「夢」を語れる社会を目指す啓発団体『Japan元気塾』を設立。初代塾長に就任。TBSイブニングファイブにて放送される。
  • 2008年:少年・少女更生のための講話活動を開始。各教育機関での活動に留まらず、企業講演、非行少年・少女の預かりを開始する。親子問題の改善に焦点をあてた2泊3日の研修プログラム、マルコプロジェクトを始動し、FNN系「スーパーニュース」「スーパーJチャンネル」のドキュメンタリーや「とくダネ」で幾度となく取り上げられ話題を呼ぶ。人材育成と組織構築、チーム・ビルディングの手腕を買われ、グループ全体で100億円を売り上げる企業の顧問に就任。自伝「『親のようにならない』が夢だった」(ダイヤモンド社)上梓。
  • 2009年:人材コンサルティングを手がける『株式会社SFG総研』設立。青年版国民栄誉賞人間力大賞準グランプリ授賞。文部科学大臣奨励賞受賞。衆議院議長奨励賞受賞。「スーパーニュース」「スーパーJチャンネル」でのドキュメンタリーがシリーズ化する。
  • 2010年香港で初の講演。以後、海外にも活動の幅を広げる。教育再建プロジェクト、民間では前代未聞の中学校再建を開始。香港和僑会エグゼクティブアドバイザーに就任。
  • 2011年:高卒認定試験に合格。法政大学大学院に合格。東日本大震災では、震災2日後から被災地支援を開始。炊き出し10万食、物資支援50トンの支援を継続して行なう。7月には長期的な雇用支援の為、東北復興サポートセンター『Hamanasu』を宮城県南三陸町に設立。「だから、自分をあきらめるな!」(ダイヤモンド社)上梓。
  • 2012年:1年間の支援を通して被災者の想いを集めたメッセージ集『南三陸町からの手紙』(栄久堂)上梓。被災地支援の活動が評価され、社会貢献者表彰を受賞。50兆円産業であるヘルスケア産業に参入。事業拠点を海外にも設け、グローバルに事業を展開する。
  • 2013年:2年間の支援を通して被災者の想いを集めたメッセージ集『南三陸町からの手紙2』(栄久堂)上梓。『今すぐフォロワーはやめなさい!』上梓。自身初の公開研修『パワーパーソン養成プログラム』を開始。
  • 2014年:3年間の支援を通して被災者の想いを集めたメッセージ集『南三陸町からの手紙3』(栄久堂)上梓。『自分を愛する技術』(徳間書店)上梓。発売された著書『自分を愛する技術』は、発売からわずか2ヶ月で10万部を超えるベストセラーとなる。
  • 2015年:4年間の支援を通して被災者の想いを集めたメッセージ集『南三陸町からの手紙4』(栄久堂)上梓。『ONE〜「1つになる」ということ〜』(徳間書店)上梓。世界的な影響力を持つ『グローバル・ビレッジ・チャンピオンズ財団』のメンバーの一人として、セリーヌ・ディオンマイケル・ジョーダンマイク・タイソンなどと肩を並べ、日本人として初となる「チャンピオンズ」に選出される。

活動[編集]

人の能力を最大限に引き出すために独自に編み出した育成手法により、業界職種を問わず、あらゆる人の人生に劇的な変化をもたらしてきた。実績の一部として、無名のアスリートを世界大会金メダルを獲得させる、オリンピック出場に導く、中小企業を100億円企業に育てる、少年院に出入りする非行少年少女・親子1000人以上の問題解決を行う、などがある。

作品[編集]

著書[編集]

  • 『親のようにならない』が夢だった(2008年、ダイヤモンド社)
  • 『だから自分をあきらめるな!』(2011年、ダイヤモンド社)
  • 『今すぐフォロワーはやめなさい! 人生のリーダーになるために、やるべきこと、やってはいけないこと 』(2013年、経済界)
  • 『自分を愛する技術 The art of selfloving』(2014年、徳間書店)
  • 『ONE 「1つになる」ということ』(2015年、徳間書店)

メディア[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • NHKラジオ
  • ラジオビタミンときめきインタビュー
  • 鎌田實いのちの対話
  • 10代いのちの対話

役職[編集]

  • 株式会社創栄Group代表取締役兼育成トレーナー
  • 株式会社新明建設会長
  • 株式会社SFG総研代表取締役会長
  • グローバル・ビレッジ・チャンピオンズ財団メンバー
  • 香港和僑会エグゼクティブアドバイザー
  • 総務省所管日本職能力開発推進協議会会長
  • 社団法人Japan元気塾塾長
  • 株式会社T式学習塾元筆頭株主

受賞歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]