人間力大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

人間力大賞は、「青年版国民栄誉賞」として積極果敢に活動・挑戦している人間力あふれる若者に与えられる賞である。

日本青年会議所日本JC)が1987年より主催し、文化芸術福祉スポーツ・その他の活動から有名・無名を問わず選出している。

概要[編集]

人間力大賞は国際青年会議所の事業であるTOYP(The Outstanding Young Persons 「傑出した若者たち」)をモデルにしている。起源は、米国青年会議所1930〜31年度会頭ダーウッド・ハウズの“Americans Young Men”(アメリカの青年)と題する年報の出版である。彼はその年の模範的主導者12人の業績を特筆し、「傑出した人物」を表彰することを着想した。その後1938年に米国青年会議所によってTOYA(Ten Outstanding Young Americans)として正式に採用され、1952年以降は各国の青年会議所もそれぞれのTOYPプログラムを設けた。これまでの各国TOYP大賞受賞者には多数の著名人が含まれており、そのほとんどは国内で有名になる以前の40歳前に受賞している。国際青年会議所の同賞正式採用は1981年で、世界の青年の模範的資質を発揮した18歳から40歳までの個人を10名以内選んで栄誉を授けている。1987年には青年会議所のない国も含め世界各国の参加が認められている。

日本では日本青年会議所1987年昭和62年)よりTOYP大賞事業を開始した。1997年平成9年)に現在の大竹美喜選考委員長を迎え、2001年平成13年)より賞名を現在の「人間力大賞(青年国民栄誉賞)」としている。日本JC創立50周年に合わせ、青年会議所JC運動の柱である「人間力開発」に視点をおいたものである。日本JCはこの事業を通じて、未来を担う20歳から40歳までの「日本の力」の礎となる地域に潜在する「光り輝く傑出した若者たち」を発掘し、全国へと発信していくことで、受賞者の活動を更なる飛躍につなげ、日本の明るい豊かな未来と世界平和実現を目指している。

2004年平成16年)には京都の大学生・大学院生を対象とした京都学生人間力大賞京都JCが、2010年平成22年)からは更に下の18歳以下の世代を対象とした「人間力大賞ジュニア版」を日本JCNPO法人ISLが共催でサマーキャンプや表彰の事業を、それぞれ実施している。

歴代受賞者[編集]

2018年 (第32回)[編集]

2017年 (第31回)[編集]

2016年 (第30回)[編集]

  • 人間力大賞グランプリ、内閣総理大臣奨励賞、経済産業大臣奨励賞 : 川原隆邦
  • 人間力大賞準グランプリ、環境大臣奨励賞、総務大臣奨励賞: 福本塁
  • 人間力大賞準グランプリ、外務大臣奨励賞 : 門田瑠衣子
  • 農林水産大臣奨励賞 : 志賀口裕輔
  • 全国知事会会長奨励賞、日本放送協会会長奨励賞、人間力大賞共感賞 : 森山誉恵
  • 厚生労働大臣奨励賞 : 松尾好紘
  • 東京商工会議所奨励賞、まちづくり地球市民財団奨励賞 : 町井恵理
  • 参議院議長奨励賞 : 河村泰孝
  • 衆議院議長奨励賞 : 青木圭太
  • 文部科学大臣奨励賞 : 山口真史

2015年 (第29回)[編集]

  • 人間力大賞グランプリ、内閣総理大臣奨励賞、東京商工会議所奨励賞、日本放送協会会長奨励賞 : 丸幸弘
  • 人間力大賞準グランプリ、衆議院議員議長奨励賞、全国知事会会長奨励賞: 福井大和
  • 厚生労働大臣奨励賞 : 塩山諒
  • 農林水産大臣奨励賞 : 坂口祐
  • 外務大臣奨励賞、まちづくり地球市民財団奨励賞 : 丸山裕太
  • 経済産業大臣奨励賞 : 小松洋介
  • 参議院議長奨励賞 : 藥師実芳
  • 環境大臣奨励賞 : 宮城光男
  • 文部科学大臣奨励賞 : 上江洲慎
  • 総務大臣奨励賞 : 井筒智彦

2014年[編集]

  • 人間力大賞グランプリ、内閣総理大臣奨励賞、日本放送協会会長奨励賞 : 安武隆信
  • 人間力大賞準グランプリ、衆議院議員議長奨励賞、全国知事会会長奨励賞: 毛利公一
  • 人間力大賞準グランプリ、農林水産大臣奨励賞、経済産業大臣奨励賞、参議院議長奨励賞 : 塩﨑明子
  • 文部科学大臣奨励賞、東京商工会議所奨励賞 : 石原ゆり奈
  • 総務大臣奨励賞 : 廣岡政幸
  • 厚生労働大臣奨励賞 : 櫻井理
  • 外務大臣奨励賞 : 永井陽右
  • まちづくり市民財団奨励賞 : 北村政記
  • 環境大臣奨励賞 : 二村そよか
  • まちづくり地球市民財団奨励賞 : 萩生田愛

2013年[編集]

  • 人間力大賞グランプリ、内閣総理大臣奨励賞、まちづくり市民財団奨励賞 : 長屋宏和
  • 人間力大賞準グランプリ、外務大臣奨励賞、地球市民財団奨励賞 : 加藤琢真
  • 人間力大賞準グランプリ、東京商工会議所奨励賞 : 貞松成
  • 農林水産大臣奨励賞、参議院議長奨励賞 : 菊池隼
  • 衆議院議長奨励賞、全国知事会奨励賞、日本放送協会奨励賞 : 川端秀明
  • 厚生労働大臣奨励賞 : 岩岡ひとみ
  • 総務大臣奨励賞 : 豊田雅子
  • 経済産業大臣奨励賞 : 早瀬渉
  • 環境大臣奨励賞 : 浦野愛
  • 文部科学大臣奨励賞 : 岩本友広

2012年[編集]

  • 人間力大賞グランプリ、内閣総理大臣奨励賞、農林水産大臣奨励賞:伊藤文弥
  • 人間力大賞準グランプリ、衆議院議長奨励賞、総務大臣奨励賞 : 吉藤健太朗
  • 人間力大賞準グランプリ、参議院議長奨励賞、外務大臣奨励賞 : 進藤美生
  • 地球市民財団奨励賞 : 倉本陽子
  • 厚生労働大臣奨励賞、東京商工会議所奨励賞 : 南雲明彦
  • 経済産業大臣奨励賞 : 中村俊裕
  • まちづくり市民財団奨励賞、日本放送協会会長奨励賞 : 多田恭平
  • 環境大臣奨励賞 : 鈴木一也
  • 文部科学大臣奨励賞 : 佐治麻希
  • 全国知事会奨励賞 : 宮島徹也

2011年[編集]

  • 人間力大賞グランプリ、内閣府総理大臣奨励賞・外務大臣奨励賞 : 田中千草
  • 人間力大賞、経済産業大臣奨励賞、農林水産大臣奨励賞 : 平野彰秀
  • 人間力大賞、衆議院議長奨励賞、文部科学大臣奨励賞 : 遠藤隆行

2010年[編集]

  • 人間力大賞グランプリ、内閣府総理大臣奨励賞、外務大臣奨励賞:渡辺大樹
  • 人間力大賞準グランプリ、衆議院議長奨励賞、厚生労働大臣奨励賞:佐々木健一郎
  • 人間力大賞準グランプリ、参議院議長奨励賞、全国知事会会長賞:田中文

2009年[編集]

  • グランプリ、内閣総理大臣奨励賞、全国知事会奨励賞:中岡亜希
  • 準グランプリ、参議院議長奨励賞、外務大臣奨励賞:吉岡大祐
  • 準グランプリ、衆議院議長奨励賞、文部科学大臣奨励賞:加藤秀視

2008年[編集]

  • グランプリ、内閣総理大臣奨励賞、人間力開発協会奨励賞:大野靖之
  • 準グランプリ、外務大臣奨励賞、参議院議長奨励賞:門倉若菜
  • 準グランプリ、全国知事会会長賞、衆議院議長奨励賞:鈴木孝幸
  • まちづくり市民財団奨励賞:KOKIA

2007年[編集]

2006年[編集]

  • グランプリ、内閣総理大臣賞、TOYP倶楽部特別賞:駒崎弘樹
  • 準グランプリ、衆議院議長奨励賞、全国知事会会長奨励賞:すがやあゆみ
  • 準グランプリ、参議院議長奨励賞、NHK賞:村田早耶香

2005年[編集]

  • グランプリ、経済産業大臣奨励賞:植松努
  • 準グランプリ、地域市民財団特別賞、TOYP倶楽部会長特別賞:石川ミカ
  • 準グランプリ、まちづくり市民財団特別賞、NHK会長特別賞:永瀬充

2004年[編集]

2003年[編集]

2000年[編集]

1999年[編集]

1995年[編集]

1990年[編集]

1989年[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]