加藤浩子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 浩子(かとう ひろこ)は、日本の古典音楽評論家

経歴・人物[編集]

東京都生まれ。慶應義塾大学文学部美学美術史学科卒業。同大学院文学研究科博士課程満期退学(音楽学)。大学院在学中、オーストリア政府給費留学生としてオーストリア、インスブルック大学留学。オペラを中心にクラシック音楽についての評論、啓蒙書を著す。

著書[編集]

  • 『今夜はオペラ!』春秋社、2000
  • バッハへの旅 その生涯と由縁の街を巡る』若月伸一写真 東京書籍、2000
  • 『黄金の翼=ジュゼッペ・ヴェルディ』若月伸一写真 東京書籍、2002
  • 『人生の午後に生きがいを奏でる家 終の棲み家は、どこで誰と暮らすのか』中経出版、2003
  • 『さわりで覚えるオペラの名曲20選』樂書舘、2004
  • 『さわりで覚えるバッハの名曲25選』樂書舘、2005
  • モーツァルト愛の名曲20選』春秋社、2005
  • 『オペラ愛の名曲20選+4』春秋社、2006
  • 『名曲を生みだした女性たち クラシック愛の名曲20選』春秋社、2007
  • 『ようこそオペラ! ビギナーズ鑑賞ガイド』春秋社、2011
  • 『ヴェルディ オペラ変革者の素顔と作品』平凡社新書、2013
  • 『オペラでわかるヨーロッパ史』平凡社新書、2015
  • 『音楽で楽しむ名画 カラー版 フェルメールからシャガールまで』平凡社新書 2016

共著[編集]

外部リンク[編集]