加茂正雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加茂 正雄(かも まさお、1876年明治9年)8月15日 - 1960年昭和35年)8月29日)は日本工学者東京帝国大学名誉教授

略歴[編集]

1876年(明治9年)8月15日、愛媛県松山市に生まれる。1898年(明治31年)に東京帝国大学機械工学科を卒業する。東京帝国大学の助教授に就任し、1906年(明治39年)からイギリスフランスドイツに約7年間留学し、舶用機関学を研究するかたわら、イギリスでは自身が基本設計をした「比羅夫丸田村丸」の現地工事監督も行っている[1]。帰国後、東京帝国大学教授に就任し、1924年大正13年)にロンドンで開催された第1回世界動力会議に日本首席代表として出席、以来4回まで出席した。また、1929年(昭和4年)、東京での万国工業会議の組織委員長を務め、日本機械学会経営士会冷凍協会の各会長などを歴任し、国際的にも知られた。戦後、法政工業専門学校校長を経て、法政大学工学部教授に就任し、初代工学部長を務める。

主な業績に、1904年(明治37年)に東京高等商船学校練習船大成丸」、1908年(明治41年)に青函連絡船比羅夫丸」「田村丸」の機関部設計などがある。

著書[編集]

  • 『欧米工業界管見』(工政会出版部、1925)

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山本熈 比羅夫丸・田村丸p32 財団法人交通協力会1966