三浦宏文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三浦 宏文(みうら ひろふみ、1938年3月17日 - 2020年3月5日)は、日本工学者東京大学名誉教授。元工学院大学学長。元日本ロボット学会会長。専門はロボティクスマイクロ技術スペーステクノロジーメカトロニクス

人物[編集]

徳島県徳島市出身。東京大学工学部機械工学科卒業。同大学院数物系研究科機械工学専攻博士課程修了。

東京大学助教授、NASA客員研究員、東京大学工学部教授を経て、2003年~2009年工学院大学学長。1993年~1995年日本ロボット学会会長。 2017年秋の叙勲で瑞宝中綬章を受章。現在は昆虫の動きを研究し、それを真似て虫型ロボットを研究する。

2020年3月5日、老衰のため東京都内で死去[1]。81歳没。死没日をもって従四位に叙される[2]

叙勲[編集]

  • 1989年11月 日本ロボット学会論文賞
  • 1997年10月 東京都科学技術功労賞
  • 2011年4月 日本機械学会賞(論文)
  • 2017年11月 瑞宝中綬章

脚注[編集]

  1. ^ “訃報:工学院大学元学長 三浦宏文名誉教授”. 工学院大学 HP. (2020年3月12日). https://www.kogakuin.ac.jp/news/2019/2020031202.html 2020年3月13日閲覧。 
  2. ^ 『官報』第229号8頁、令和2年4月13日

外部リンク[編集]