大橋秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大橋 秀雄(おおはし ひでお、1931年5月10日[1] - )は、日本の工学者東京大学名誉教授、工学院大学名誉教授。

東京大学で33年間、工学院大学で19年間、教育と研究に従事するかたわら、技術者の地位向上を目指し、技術者教育認定制度など基盤作りに貢献した。2011年に学校法人工学院大学理事長を退任し、以降工学院大学日本工学会日本技術者教育認定機構 (JABEE) の顧問、公益団体の役員などを務めた。

専門は流体工学流体機械環境システム工学工学教育技術者教育

来歴[編集]

東京都出身。新潟県立村松高等学校を経て1954年東京大学工学部機械工学科卒業。1954年石川島重工株式会社(現IHI)入社。1958年ブラウンシュヴァイク工科大学ドイツ)にて、境界層理論で知られるヘルマン・シュリヒティンク英語版教授の指導で Dr.-Ing.(工学博士号)取得。1963年工学博士(東京大学)取得。東京大学助教授、教授、留学生教育センター長を経て、1992年東京大学名誉教授、工学院大学教授。1994年-2003年工学院大学学長、2003年-2011年学校法人工学院大学理事長。

工学院大学学長の水野明哲(2009年 - )は門下生。

表彰[編集]

  • 1969、1980、1984、1993年 日本機械学会論文賞
  • 1983年 ターボ機械協会論文賞
  • 1987年 通商産業大臣表彰(工業標準化事業の発展に対する貢献)
  • 1992年 藍綬褒章
  • 1995年 科学技術庁長官賞(原子力安全功労表彰)
  • 1997年 紫綬褒章
  • 2011年 瑞宝中綬章

学協会役職等[編集]

著書等[編集]

  • 流体力学 1 標準機械工学講座 11 大橋秀雄(著)コロナ社 1994年
  • 流体力学 2 標準機械工学講座 23 白倉昌明、大橋秀雄(著)コロナ社 2000年
  • 流体機械 応用機械工学全書 大橋秀雄(著)森北出版 1987年
  • 機械工学辞典 越後亮三、大橋秀雄 他(編集)朝倉出版 1988年
  • 流体機械ハンドブック 大橋秀雄 他(編集) 朝倉出版 1998年
  • 機械力学 - 機構・運動・力学 グローバル機械工学シリーズ 三浦宏文、大橋秀雄(著)朝倉出版 2001年
  • 渦 - 自然の渦と工学における渦 Hans J. Lugt(著)、山口信行、大橋秀雄(翻訳)朝倉出版 1988年
  • これからの技術者 世界に羽ばたくプロを目指して 大橋秀雄(著)オーム社 2005年

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.398

外部リンク[編集]