大橋秀雄 (警察官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大橋 秀雄(おおはし ひでお、1903年3月15日 - 2002年6月1日)は、日本の警察官評論家。元警視庁警視正。警視庁特高部外事課に所属していた警部補当時、副主任としていわゆるゾルゲ事件を担当し、事件の全貌を明らかにした。その功により内務大臣功労記章(昭和18年)を受賞。

人物 [編集]

神奈川県横浜市出身。横浜商業学校卒,日本大学専門部法律学科第二本科卒。大正13年近衛野砲兵連隊入営、昭和3年(1928年)陸軍砲兵少尉。同年警視庁巡査となる。7年巡査部長、10年警部補、11年特別高等警察部外事課欧米係。杉原千畝リトアニア領事館副領事(当時)がユダヤ人救済のために大量発行したビザの日本側の出入国業務に携わり、大量のユダヤ人通過申請を処理した。東京の中野警察署特高係のとき北一輝と接触。16年警視庁特高部外事課ロシア班副主任のときドイツの新聞特派員リヒアルト・ゾルゲと朝日新聞記者の尾崎秀実らがスパイ網を組織し、日本軍部の南進情報を旧ソ連に提供したとされるゾルゲ事件が発覚。主犯のゾルゲの取調主任に任命され、自供を引き出した。18年ゾルゲ事件の解決により内務大臣功労記章を受章。同年警部、戦後23年警視のち警視正池上警察署の初代署長を務めたほか、荒川渋谷などの警察署長や、第二方面予備隊長などを歴任し、31年(1956年)退官。その後41年まで会社嘱託、以後著述に従事。1967年「ある警察官の記録」をあらわし、警察を内部告発した。共著に「ゾルゲとの約束を果たす」など。2002年6月1日死去。享年99歳[1]。著作はほかに「真相ゾルゲ事件」など。

主な著作[編集]

+『戦った幹部警察官の記録』(松橋忠光・千葉長人と共著)(オリジン出版センター)

脚注[編集]

  1. ^ https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A7%E6%A9%8B%E7%A7%80%E9%9B%84-1061287

関連項目[編集]