朝倉希一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

朝倉 希一(あさくら きいち 1883年(明治16年)3月12日 - 1978年(昭和53年)4月20日)は、明治から昭和期の機械工学者、鉄道技術者。

略歴[編集]

1883年、東京府生まれ。1908年東京帝国大学機械科を卒業し、帝国鉄道庁に入庁。1910年、海外留学。1912年12月に帰国し、鉄道院運輸部工作課長 島安次郎の構想に基づき製造したのが9600形蒸気機関車であった。1919年ヨーロッパ出張。その後、朝倉が設計主任となってC51形蒸気機関車を設計した。1922年、工学博士を取得。1924年、鉄道省工作局車両課員。1933年、鉄道省工作局長就任。1936年、鉄道省を退官。1949年神奈川大学教授に就任。1957年十河信二日本国有鉄道(国鉄)総裁、島秀雄国鉄技師長と共に東海道幹線調査会委員に就任。日本機械学会会長、衛生工業協会会長、日本鉄道技術協会会長、日本ボイラ協会会長等を歴任。1978年4月20日死去。享年95。

著書[編集]

晩年まで多くの鉄道技術に関する著書を執筆した。

  • 『技術随筆 汽車』
  • 『解説工業標準化』
  • 『機関車抵抗並牽引力』
  • 『金属の磨耗』
  • 『技術生活五十年』
  • 『工場実践道徳』
  • 『人生を考えよう』
  • 『鉄道車両(上、下)』
  • 『東京十五区物語』
  • 『よだれ物語百話』