内野正幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

内野 正幸(うちの まさゆき、1955年6月12日 - )は、日本の憲法学者中央大学教授民主制教育を受ける権利国際人権を中心に研究している。東京都生まれ。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『憲法解釈の論点』(日本評論社、1990年)
  • 『差別的表現』(有斐閣、1990年)
  • 『憲法解釈の論理と体系』日本評論社 現代憲法理論叢書 1991
  • 『社会権の歴史的展開 労働権を中心にして』信山社出版 1992
  • 『人権のオモテとウラ 不利な立場の人々の視点』明石書店 1992
  • 『教育の権利と自由』有斐閣 1994
  • 『民主制の欠点―仲良く論争しよう』(日本評論社、2005年)
  • 『新・論点講義シリーズ1 公法(憲法)』(弘文堂、2007年)
  • 『表現・教育・宗教と人権』弘文堂 憲法研究叢書 2010
  • 『人権の精神と差別・貧困 憲法にてらして考える』明石書店 世界人権問題叢書 2012
共著

関連項目[編集]