赤坂正浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

赤坂 正浩(あかさか まさひろ、1956年1月14日 - )は、日本の法学者神戸大学名誉教授立教大学教授。専門は憲法

学歴[編集]

職歴[編集]

日本大学法学部専任講師、同助教授、同教授を経て、2001年より神戸大学大学院法学研究科教授に就任(2011年まで)。2011年度より立教大学教授に就任[1]。平成22年度新司法試験考査委員。

著書[編集]

  • 『基本的人権の事件簿』(共著、有斐閣、初版1997年、第2版2002年)
  • 『憲法1、2』(渋谷秀樹共著、有斐閣、初版2000年、第2版2004年、第3版2007年、第4版2010年)
  • 『プロセス演習憲法』(共著、信山社、初版2004年、第2版2005年、第3版2007年)
  • 『ケースブック憲法』(共著、弘文堂、初版2004年、第2版2007年)
  • 『ファーストステップ憲法』(共著、有斐閣、初版2005年)
  • 『立憲国家と憲法変遷』(信山社、2008年)
  • 『憲法講義(人権)』(信山社、2011年)

関連項目[編集]

55年組 (憲法学者)

脚注・出典[編集]