内田正学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
内田正学
Uchida Masanori.jpg
時代 江戸時代末期(幕末) - 明治時代
生誕 弘化4年11月3日1847年12月10日
死没 明治43年(1910年7月22日
改名 騎一郎(幼名)→正学
墓所 東京都台東区蔵前の竜宝寺
官位 従五位下、主殿頭
幕府 江戸幕府
下総小見川藩主→小見川藩知事
氏族 内田氏
父母 父:内田正路、養父:内田正縄
正室:録子内田正道の娘)
正吉(長男)、寛治

内田 正学(うちだ まさのり / まさあきら)は、下総小見川藩の第10代(最後)の藩主。小見川藩内田家13代。明治時代の政治家陸軍軍人子爵

生涯[編集]

弘化4年(1847年)11月3日、内田家分家で1500石を領する旗本内田正路の次男として生まれた。元治元年(1864年)に第9代藩主の正縄が早世したため、その養子として跡を継いだ。幕末期は佐幕派として芝増上寺の警護を務めていたが、慶応4年(1868年)の戊辰戦争では官軍に協力している。明治2年(1869年)6月24日の版籍奉還知藩事となり、明治4年(1871年)7月14日の廃藩置県で免官された。

明治10年(1877年)の西南戦争では、東伏見宮嘉彰親王に従って三等中警部心得として参戦する。明治25年(1892年)には陸軍大尉となり、明治27年(1894年)の日清戦争では歩兵第2連隊副官として参戦した。明治30年(1897年)7月には貴族院議員となる[1]。明治43年(1910年)7月22日に死去。享年64。

脚注[編集]

  1. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』37頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。