内田正肥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
内田正肥
時代 江戸時代後期
生誕 寛政2年4月15日1790年5月28日
死没 文化13年6月14日1816年7月8日
改名 長十郎(幼名)→正肥
墓所 東京都台東区蔵前の竜宝寺
官位 従五位下近江守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
下総小見川藩
氏族 内田氏
父母 父:内田正純、母:水野忠見
兄弟 正肥、内田金次郎室、女子
正室:松平忠恕
養子:正容

内田 正肥(うちだ まさもと)は、江戸時代後期の大名下総小見川藩5代藩主。小見川藩内田家8代。

生涯[編集]

寛政2年(1790年)4月15日、第4代藩主・内田正純の長男として生まれる。文化3年(1806年)10月6日、父の隠居により跡を継ぎ、12月に叙任する。竹橋門番、日光祭祀奉行、大番頭を歴任したが、文化12年(1815年)12月に病気を理由に大番頭を辞任し、翌年6月14日に死去。享年27。跡を養子の正容(石河貞通伊東長丘の五男)の三男)が継いだ。