佐藤正雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤正雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岩手県
生年月日 (1948-01-01) 1948年1月1日(70歳)
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会
所属厩舎 加藤清一京都栗東 (1964年-1976年)
松田正弘・栗東 (1976年-1997年)
初免許年 1969年
免許区分 平地障害
騎手引退日 1997年
重賞勝利 2勝
G1級勝利 1勝
通算勝利 2734戦209勝
調教師情報
初免許年 1997年(1999年開業)
調教師引退日 2018年
重賞勝利 7勝(うち地方3勝)
G1級勝利 1勝(うち地方1勝)
経歴
所属 栗東T.C. (1999年 - 2018年)
テンプレートを表示

佐藤 正雄(さとう まさお、1948年1月1日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) に所属していた元調教師、元騎手

騎手時代にニシノフラワーで1991年の阪神3歳牝馬ステークスなどに優勝。1993年に引退し、調教助手を経て1997年より調教師となる。おもな管理馬に2012年のJBCクラシック優勝馬ワンダーアキュートなどがいる。

経歴[編集]

岩手県出身。中学校卒業後、北海道襟裳町田中牧場に就職[1]。のちに京都競馬場所属の調教師・加藤清一の勧めを受け[1]、1964年に騎手候補生として加藤厩舎へ入門。1969年3月8日に騎手としてデビューし、騎乗馬オックスドールで初騎乗初勝利を挙げた。以後長らく目立った成績がなかったが、1991年、当時所属していた松田正弘厩舎にニシノフラワーが入ると同馬の主戦騎手を任され、2戦目に札幌3歳ステークスに勝利。デビュー23年目にして重賞初勝利を挙げた。騎乗停止中だった3戦目のデイリー杯3歳ステークスには騎乗できなかったが[注 1]、3歳女王戦・阪神3歳牝馬ステークスで鞍上に戻ると、1番人気に応えて優勝しGI初制覇を果たした。

しかし、ニシノフラワーの4歳初戦・チューリップ賞桜花賞トライアル)で、単勝オッズ1.2倍という人気を背負いながら最終コーナーで他馬に囲まれ要所での進路を失い、2着と敗れる。この結果に「桜花賞に乗るのは荷が重い」と自省した佐藤は、競走から2日後、松田に対しニシノフラワーの騎手交代を自ら打診し、新たな鞍上として関西のトップ騎手・河内洋を確保したのち降板[2]。その後ニシノフラワーの鞍上に戻ることなく、翌1993年に騎手を引退した。通算成績は2732戦208勝、うち重賞2勝。なお、ニシノフラワーは河内とのコンビで桜花賞と年末のスプリンターズステークスを制した。佐藤は毎年チューリップ賞の時期になるとこの思い出が頭をよぎるといい、「一生(この後遺症が)私について回るでしょうねえ」「調教師としてチューリップ賞を勝ったとき、初めて解放されるかもしれませんね」と語っている[2]

騎手引退後は松田厩舎で調教助手を務めたのち、1997年に調教師免許を取得。1999年より栗東トレーニングセンターで厩舎を開業した。2001年、川村禎彦厩舎から移籍してきたタマモストロングかしわ記念[注 2]を制し、調教師として重賞初勝利。2012年にはワンダーアキュートJBCクラシックを制し、開業14年目でGI級(JpnI)競走初制覇を果たした。

2018年2月28日付けで定年の為、調教師を引退することになった[3]

成績[編集]

騎手成績[編集]

区分 1着 2着 3着 4着以下 騎乗数 勝率 連対率
1969年 平地 11 11 7 62 91 .121 .242
障害 0 0 0 2 2 .000 .000
1970年 平地 17 16 10 91 134 .127 .246
1971年 平地 21 26 23 121 191 .110 .246
1972年 平地 9 9 7 88 113 .080 .159
1973年 平地 8 12 10 72 102 .078 .196
1974年 平地 4 7 12 41 64 .063 .172
1975年 平地 4 6 8 74 92 .043 .109
1976年 平地 6 3 4 69 82 .073 .110
1977年 平地 3 2 7 54 66 .045 .076
1978年 平地 7 6 10 79 102 .069 .127
1979年 平地 7 10 10 66 93 .075 .183
1980年 平地 9 8 17 67 101 .089 .168
1981年 平地 8 13 7 41 69 .116 .304
1982年 平地 12 11 8 61 92 .130 .250
1983年 平地 13 12 7 98 130 .100 .192
1984年 平地 12 13 7 109 141 .085 .177
1985年 平地 13 7 13 99 132 .098 .152
1986年 平地 4 12 9 117 142 .028 .113
1987年 平地 11 10 13 114 148 .074 .142
1988年 平地 4 4 11 131 150 .027 .053
1989年 平地 7 9 13 109 138 .051 .116
1990年 平地 5 8 6 116 135 .037 .096
1991年 平地 7 4 2 83 96 .073 .115
1992年 平地 6 11 8 91 116 .052 .147
1993年 平地 0 0 1 9 10 .000 .000
平地 208 230 230 2062 2730 .076 .160
障害 0 0 0 2 2 .000 .000
総計 208 230 230 2,064 2,732 .076 .160
日付 競馬場 馬名 着順
初騎乗 1969年3月8日 京都 オックスドール 1着

主な騎乗馬[編集]

※括弧内は佐藤騎乗時の優勝競走。太字はGI級競走。

調教師成績[編集]

区分 1着 2着 3着 4着以下 出走数 勝率 連対率
1999年 平地 4 11 3 76 94 .043 .160
障害 0 0 1 6 7 .000 .000
4 11 4 82 101 .040 .149
2000年 平地 4 2 5 127 138 .029 .043
障害 2 0 1 3 6 .333 .333
6 2 6 130 144 .042 .056
2001年 平地 4 11 4 151 170 .024 .088
障害 0 0 0 5 5 .000 .000
4 11 4 156 175 .023 .086
2002年 平地 7 11 10 151 179 .039 .101
障害 3 3 3 17 26 .115 .231
10 14 13 168 205 .049 .117
2003年 平地 11 17 6 131 185 .059 .151
障害 1 0 1 15 17 .059 .059
12 17 7 166 202 .059 .144
2004年 平地 13 9 11 162 195 .067 .113
障害 0 1 0 7 8 .000 .125
13 10 11 169 203 .064 .113
2005年 平地 10 15 11 142 178 .056 .140
障害 0 0 1 2 3 .000 .000
10 15 12 144 181 .055 .138
2006年 平地 9 13 9 124 155 .058 .142
障害 1 4 2 4 11 .091 .455
10 17 11 128 166 .060 .163
2007年 平地 6 8 15 136 165 .036 .085
障害 2 0 3 9 14 .143 .143
8 8 18 145 179 .045 .089
2008年 平地 12 10 5 145 172 .070 .128
障害 2 1 1 10 14 .143 .214
14 11 6 155 186 .075 .134
2009年 平地 17 9 15 114 157 .108 .166
障害 3 2 3 8 16 .188 .313
20 11 18 124 173 .116 .179
2010年 平地 9 12 9 145 175 .051 .120
障害 1 2 2 9 14 .071 .214
10 14 11 154 189 .053 .127
2011年 平地 6 12 14 149 181 .033 .099
障害 0 0 0 5 5 .000 .000
6 12 14 154 186 .032 .097
2012年 平地 13 12 7 149 181 .072 .138
障害 0 0 0 2 2 .000 .000
13 12 7 151 183 .071 .137
平地 125 152 124 1,960 2,325 .054 .119
障害 15 13 18 102 148 .101 .189
総計 140 165 142 2,062 2,473 .057 .123
日付 競馬場 馬名 着順
初出走 1999年3月6日 阪神 タマモハイピッチ 8着
初勝利[4] 1999年3月27日 阪神 タマモハイピッチ 1着

主な管理馬[編集]

※括弧内は佐藤管理下における優勝競走。太字はGI級競走。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 田原成貴が騎乗して勝利。
  2. ^ JpnI昇格前。

出典[編集]

  1. ^ a b 第13回ジャパンカップダート特別レポート 佐藤正雄調教師”. 競馬ラボ. 2012年12月15日閲覧。
  2. ^ a b 『優駿』1998年6月号、pp.88-89
  3. ^ 調教師12名が勇退・引退日本中央競馬会、2018年2月13日閲覧
  4. ^ ニュースぷらざ1999年4/5号”. ケイバブック. 2015年11月9日閲覧。
  5. ^ かしわ記念競走優勝馬 - 南関東4競馬公式サイト  2015年5月6日閲覧

参考文献[編集]

  • 優駿』1998年6月号(日本中央競馬会)
    • 井口民樹「クラシックに咲き誇りし名花たち(下)」