エクセルマネジメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エクセルマネジメントとは、北海道幌泉郡えりも町歌別にある[1]有限会社競走馬サラブレッド)の生産牧場である。功労馬繋養施設も用意されていた。旧称はえりも牧場えりも農場[1]

2007年時点の代表者は山本将裕[1]。山本慎一は元代表者である。馬主としては有限会社エクセルマネジメント名義で登録されていた。勝負服の柄は赤で、冠名はとくに付けなかった。山本慎一名義の馬もおり、勝負服の柄は水色、赤袖、黄二本輪。冠名は「エリモ」を使用するがつかないケースもある。かつては「パッシング」という冠名も使用していた。

歴史[編集]

  • 1959年 - 田中牧場として創立する。代表者は田中彰治
  • 1966年 - 田中彰治が国税局に押さえられ閉場する。
  • 1969年 - 当時の国鉄総裁だった石田禮助に頼まれ山本慎一が入札し、えりも牧場として再開場する。
  • 1980年 - 生産馬のサニーシプレーがJRA賞最優秀3歳(現2歳)馬となる。
  • 1983年 - 有限会社えりも農場へ改称。
  • 2002年 - 山本将裕が代表取締役に就任。
  • 2003年 - 競馬の国際化に伴い、有限会社エクセルマネジメントと社名変更。

本場以外の施設[編集]

  • 有限会社エクセルマネジメント厚真トレーニングセンター(旧えりも農場厚真トレーニングセンター)[1]

主な生産馬[編集]

田中牧場[編集]

えりも牧場[編集]

えりも農場[編集]

エクセルマネジメント[編集]

また、生産馬ではないが、関連の深い馬として山本慎一が所有した天皇賞エリモジョージアスコットゴールドカップを制したエリモホーク (Erimo Hawk) がいる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 2007年07月22日 函館記念 Jpn3 優勝馬:エリモハリアー” (日本語). 重賞ウイナーレポート. 競走馬のふるさと案内所 (2007年). 2012年3月10日閲覧。
  2. ^ レッドアリオン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年8月19日閲覧。