佐藤勝彦 (画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 勝彦(さとう かつひこ、1940年3月7日 - )は、日本の画家書家陶芸家

人物[編集]

関東州大連生まれ。奈良県在住。

画壇に属さない画家として、独特の仏教観に根ざした豪放な書画を描き続けている。富士山仏像を好むほか、朱色を多用しに余白を残さない点が特徴。作品を手がけるだけでなく、陶磁器や骨董品の蒐集家としても知られている。

略歴[編集]

7歳で生家の岡山県賀陽町(現・吉備中央町)に引き揚げたのち岡山県立高梁高等学校を経て、1958年国立鳥取大学学芸学部入学。

1960年、重度の結核で入院するが快癒。以来プラス思考に転じる。

1963年、私立帝塚山学園小学部教師となるも、1968年中川一政の作品展に影響を受け創作活動を開始。1974年辻村史朗に刺激され作陶も手がける。 1975年季刊『銀花』(文化出版局) 」「佐藤勝彦現代仏道人生」に挿入するため8万5千枚の肉筆画を描き話題となる。

1986年、帝塚山学園退職。2003年、第79回箱根駅伝公式ポスターを制作。

個展・業績ほか[編集]

著書[編集]

縁戚[編集]

縁戚には全日空社長岡崎嘉平太全日空ホテルズ(現・IHG ANA ホテルズ)元役員佐藤光彦時計ジャーナリスト広田雅将映像ディレクター佐藤充則などがいる。