伊藤安男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 安男(いとう やすお、1929年11月21日 - 2015年10月8日[1])は、日本の地理学者歴史地理学)。

略歴[編集]

名古屋市熱田区生まれ。1952年立命館大学文学部地理学科卒業。1954年岐阜県立海津高等学校(現岐阜県立海津明誠高等学校)教諭、1969年岐阜県立大垣北高等学校教諭(地理)、1976年岐阜経済大学講師、1982年花園大学文学部史学科教授。95年「治水思想の風土 近世から現代へ」で立命館大博士(文学)。2000年定年、花園大学名誉教授。岐阜地理学会会長。輪中研究で知られる。日本地理学会賞、地方文化功労者文部科学大臣表彰などを受けた。[2]

著書[編集]

  • 『治水思想の風土 近世から現代へ』古今書院 1994
  • 『台風と高潮災害 伊勢湾台風』古今書院 シリーズ繰り返す自然災害を知る・防ぐ 2009
  • 『洪水と人間 その相剋の歴史』古今書院 2010

共著編著[編集]

  • 『日本の歴史地理 輪中』青木伸好共著 学生社 1979
  • 『岐阜県地埋あるき』今井春昭、新谷一男、岸本雅行、杉山仁共著 大衆書房 1986
  • 長良川をあるく』編著 中央出版 1991
  • 『変容する輪中』編著 古今書院 1996
  • 『地図で読む岐阜 飛山濃水の風土』編著 古今書院 1999
翻訳
  • 『蘭人工師エッセル日本回想録』十郎寿夫共訳 竜翔館 (三国町郷土資料館) 編 三国町 1990

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞訃報
  2. ^ 『現代日本人名録』