岐阜県立海津明誠高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岐阜県立海津明誠高等学校
Kaizu Meisei High School02.jpg
国公私立の別 公立高校
設置者 岐阜県
学区 全県学区
普通科は旧・西濃学区
ヨット部対象県外募集あり。
併合学校 岐阜県立海津高等学校
岐阜県立海津北高等学校
校訓 図南鵬翼・浩気拙誠
設立年月日 2005年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
設置学科 普通科
情報処理科
生活福祉科
学期 2学期制
高校コード 21128B
所在地 503-0653
岐阜県海津市海津町高須町11-1

北緯35度13分26秒 東経136度37分54.6秒 / 北緯35.22389度 東経136.631833度 / 35.22389; 136.631833座標: 北緯35度13分26秒 東経136度37分54.6秒 / 北緯35.22389度 東経136.631833度 / 35.22389; 136.631833
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
岐阜県立海津明誠高等学校の位置(岐阜県内)
岐阜県立海津明誠高等学校
Kaizu Meisei High School01.jpg

岐阜県立海津明誠高等学校(ぎふけんりつ かいづめいせいこうとうがっこう)は、岐阜県海津市海津町高須町にある公立高等学校

2005年平成17年)に海津高等学校海津北高等学校が統合され設立した後、岐阜県立海津明誠高等学校へと改名した。2007年(平成19年)から海津校舎側の新校舎となった。

概要[編集]

  • 設置学科
    • 全日制課程
      • 普通科
      • 情報処理科
      • 生活福祉科
  • 所在地
    • 岐阜県海津市海津町高須町11-1
  • その他
    • ぎふ総合型選択制高等学校に指定され、所属学科だけでなく他学科の授業も選択できるようになっている。

沿革[編集]

海津明誠高等学校の開校は2005年であるが、2010年に創立90周年を迎えている。これは前身校の旧制・海津中学校、及び海津高等女学校の開校が1921年であるためである。

  • 2005年(平成17年)4月 - 岐阜県立海津高等学校岐阜県立海津北高等学校が統合され、岐阜県立海津明誠高等学校として開校。普通科は海津校舎【旧海津高校校舎】、情報処理科と生活福祉科は海津北校舎【旧海津北高校校舎】で学習する。
  • 2007年(平成19年) - 海津校舎に新校舎(本館棟・商業生活産業棟)が完成し完全移転。海津北校舎を廃止。

なお、旧海津北校舎は改修され、岐阜県立海津特別支援学校として運用されている。

部活動[編集]

ヨット部がインターハイ国体で全国制覇するほどの強豪であり、ほかにもウエイトリフティング部や電算部、ワープロ部が全国大会に出場して活躍している。

運動系部活動

  • 陸上競技部
  • 硬式野球部
  • バスケットボール部
  • バレーボール部
  • ソフトボール部
  • ヨット部
  • ウエイトリフティング部
  • バレーボール部
  • バスケットボール部
  • テニス部
  • ソフトテニス部
  • 少林寺拳法部

文化系部活動

  • 書道部
  • 吹奏楽部
  • 演劇部
  • 美術部
  • 茶華道部
  • 電算部
  • ワープロ部
  • 珠算部
  • クリエイティブ部

指導死[編集]

文部科学省が策定した学習指導要領においては課外活動である部活動の出欠は所属部員生徒の自由意志で、部活動の入退は生徒本人の任意であるとされる。同部では顧問教員が部員生徒に対する入退部の権限を持ち、学校教育法11条に抵触する指導も常態化していたとされる。

2013年8月 - 1年生男子バスケットボール部員が、同部非常勤講師である女性コーチから「使えない」、「もう辞めてもらっていいよ」などの発言を相次いで行い、男子部員は自殺。このコーチは、他の部員らに対しても「クズの1年生」、「カスやな」などの暴言を繰り返していたとされる。自殺した生徒の両親は、自殺の原因はコーチによる人格を傷付ける発言にあるとして、岐阜県を相手取り500万円の損害賠償を求め岐阜地方裁判所に提訴した[1]

進路状況[編集]

多くの生徒が進学をしている。

アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 提訴 「人格傷つけられ自殺」 岐阜県立高、部活巡り両親 毎日新聞 2016年9月6日
  2. ^ 海津市. “海津羽島線(2019.3.31まで):コミュニティバス”. 海津市. 2019年3月24日閲覧。
  3. ^ a b 海津市. “お千代保稲荷線(2019.3.31まで):コミュニティバス”. 海津市. 2019年3月24日閲覧。
  4. ^ 海津市. “南幹線(2019.3.31まで):コミュニティバス”. 海津市. 2019年3月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]