京都宝塚会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京都宝塚劇場・スカラ座
Kyoto Takarazuka Theater &
Scala-za
Kyoto Takarazuka Theater.JPG
京都宝塚劇場があった京都宝塚会館
情報
通称 京宝会館、ステイトサイド・シアター
正式名称 京都宝塚会館
完成 1935年
開館 1935年10月
開館公演 宝塚少女歌劇花組花詩集
閉館 2006年1月29日
最終公演 七人の侍(宝塚劇場)
街の灯(スカラ座)
収容人員 (2館合計)1,095人
設備 ドルビーデジタルサラウンドEX、DTS
用途 映画上映
運営 東宝ビル管理株式会社
所在地 604-8031
京都市中京区河原町通三条下ル大国町58
アクセス 地下鉄東西線京都市役所前駅京阪三条駅阪急河原町駅から徒歩7分

京都宝塚会館(きょうとたからづかかいかん)は、かつて京都府京都市中京区河原町六角に所在していた東宝系の映画館(京都宝塚劇場、京都スカラ座)の総称である。略称は「京宝会館」(きょうほう - )。

歴史[編集]

各館の特徴[編集]

※座席数は閉館時のもの。

  • 京都宝塚劇場
    定員588人。東宝邦画系作品のみを上映。千代田劇場日劇東宝→日劇2系列のチェーン。1カ月に1作程度の割合で、新作が公開された。
  • 京都スカラ座
    定員507人。常に、大作の東宝洋画系作品を上映。有楽座 / 日比谷映画劇場→日本劇場→日劇1系列のチェーン。

※両館とも最末期はサラウンドEXDTSに対応していた。

ギャラリー[編集]

『男の意気』上映時の京都宝塚劇場(1942年[4] 
RKOが配給したウォルト・ディズニー作品『シンデレラ姫』(1952年3月7日日本公開)上映時の京都宝塚劇場[6] 

出典[編集]

  1. ^ これまでの歩み”. 大阪コーラルソサエティ. 2014年12月9日閲覧。
  2. ^ 関西におけるベートーヴェン≪第九≫演奏会”. 大阪音楽大学100年記念事業. 学校法人大阪音楽大学. 2014年12月9日閲覧。
  3. ^ 男の意気 - 日本映画データベース
  4. ^ a b 戦前期日本の映画館写真(4) 京都編”. NFCデジタル展示室. 東京国立近代美術館 (2014年4月8日). 2014年12月9日閲覧。
  5. ^ “京都シネスポット「京都宝塚劇場」”. 京都新聞 (京都新聞社). (1999年10月8日). http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/cinespots/cinespots18.html 2014年12月9日閲覧。 
  6. ^ 『写真集 映画黄金期 小屋と名作の風景 下巻』国書刊行会、1989年