亜麻仁油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

主に木製ピッケルのシャフトに使う用途に用いられている。

アマニ油[1]
100 gあたりの栄養価
エネルギー 3,852 kJ (921 kcal)
100.0 g
飽和脂肪酸 8.09 g
一価不飽和脂肪酸 15.91 g
多価不飽和脂肪酸 71.13 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(0%)
1 μg
(0%)
10 μg
ビタミンE
(3%)
0.5 mg
ビタミンK
(10%)
11 μg
他の成分
コレステロール 2 mg

ビタミンEはα─トコフェロールのみを示した[2]。試料: 食用油 
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
アマニ油(100g中)の主な脂肪酸の種類[3]
項目 分量(g)
脂肪 99.98
飽和脂肪酸 8.976
16:0(パルミチン酸 5.109
18:0(ステアリン酸 3.367
一価不飽和脂肪酸 18.438
18:1(オレイン酸 18.316
多価不飽和脂肪酸 67.849
18:2(リノール酸 14.327
18:3(α-リノレン酸 53.368

亜麻仁油(アマニゆ、アマニあぶら、linseed oil / flaxseed oil)は、成熟した亜麻種子から得られる、黄色っぽい乾性油空気に触れると固まる)。食用のほか、油絵具バインダーや木製品の仕上げなどに用いられる。

亜麻の種子を圧搾、又はこれをつぶして溶媒抽出することで得られる。代表的なω-3脂肪酸であるα-リノレン酸をはじめとする不飽和脂肪酸に富み、栄養サプリメントとしても販売されている。

沸騰させた亜麻仁油は油絵具のバインダーや、「オイルフィニッシュワニス」として木製品や皮革の仕上げに使われる。加熱することで亜麻仁油は簡単に重合酸化するようになる。

最近では、VOCを放出しない溶剤としてシックハウス症候群対策の塗料に使われている。

また、亜麻の種はかその他の水分と乳化し、の代用品として使用出来る。水分3に対し、亜麻の種は1ほどの割合で。主に焼き菓子などの菓子作りに向いている。亜麻の持つ食物繊維も十分に取れ、さらに栄養素も高まる。栄養学的には 100 gの亜麻の種には 450 kcalの熱量があり、脂肪 41 g、食物繊維 28 g、タンパク質 20 gを含む。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]