亜麻仁油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アマニ油[1]
100 gあたりの栄養価
エネルギー 3,852 kJ (921 kcal)
100.0 g
飽和脂肪酸 8.09 g
一価不飽和 15.91 g
多価不飽和 71.13 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(0%)
1 µg
(0%)
10 µg
ビタミンE
(3%)
0.5 mg
ビタミンK
(10%)
11 µg
他の成分
コレステロール 2 mg

ビタミンEはα─トコフェロールのみを示した[2]。試料: 食用油 
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標RDIの割合。
アマニ油(100g中)の主な脂肪酸の種類[3]
項目 分量(g)
脂肪 99.98
飽和脂肪酸 8.976
16:0(パルミチン酸 5.1
18:0(ステアリン酸 3.367
一価不飽和脂肪酸 18.438
18:1(オレイン酸)(ω-9脂肪酸) 18.316
多価不飽和脂肪酸 67.849
18:2(リノール酸)(ω-6脂肪酸) 14.327
18:3(α-リノレン酸)(ω-3脂肪酸) 53.368

亜麻仁油(アマニゆ、アマニあぶら、linseed oil / flaxseed oil フラックスシードオイル)は、成熟した亜麻種子から得られる、黄色っぽい乾性油。ヌメゴマ油(滑胡麻油)、アカゴマ油などの異称もある。 食用のほか、油絵具バインダーや木製品の仕上げ(木製ピッケルのシャフトなど)に用いられる。危険物第4類の引火性液体に指定されており取扱には注意が必要である。[4]

亜麻の種子を圧搾、又はこれをつぶして溶媒抽出することで得られる。代表的なω-3脂肪酸であるα-リノレン酸をはじめとする不飽和脂肪酸に富み、栄養サプリメントとしても販売されている。

沸騰させた亜麻仁油は油絵具のバインダーや、「オイルフィニッシュワニス」として木製品や皮革の仕上げに使われる。加熱することで亜麻仁油は簡単に重合酸化するようになる。

食用の亜麻仁油は、揚げ物や炒め物などの加熱調理では容易に酸化するため適していないが、癖が少ない風味であり、そのまま飲むか、できあがったさまざまな料理に適量をかけて摂取するのが一般的。ただし、発泡ポリスチレン製容器を使用するカップ麺に入れると、容器が溶けることがあるとして2004年国民生活センターが、2008年日本即席食品工業協会が注意を呼びかけている[5][6]。光でも酸化が進むため、保管は冷暗所が適している。

最近では、VOCを放出しない溶剤としてシックハウス症候群対策の塗料に使われている。


脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]