油紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

油紙(あぶらがみ、ゆし)とは、の表面に薄くを引いて乾燥させたものである。素地となる紙の種類や表面に引かれる油の種類によって防水耐水防錆の用途で用いられる。

2000年代の日本においては専門性の高い代替品の登場などにより生産量が減少しており、生産者も美濃紙のメーカーの一部などに限られている[1]

主な用途[編集]

防水・耐水[編集]

油紙には防水性や耐水性があるので、次のような物に用いられる。

防錆[編集]

の保存など金属製の小物がびることを防ぐ目的で用いられる。

脚注[編集]

  1. ^ 林えり子『暮しの昭和史』pp.107-109 海竜社 2009年

関連項目[編集]