井川楊枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

井川 楊枝(いがわ ようじ、1976年 - )は、日本のライター、脚本家、映画監督である。

来歴[編集]

早稲田大学第一文学部卒業。大学在籍中に短編小説で舟橋聖一顕彰青年文学賞を受賞した[1]

2015年、第2回世界マンガコンテストでは、井川楊枝原作、富沢みどり作画で優秀賞を受賞した(作品タイトルは「明日は来るから」)。伊吹峻央の名で映画『口裂け女リターンズ』の脚本も執筆するなど、漫画原作者や脚本家としても活動している。日韓で連載中のAV漫画『Highイキ!』(井川楊枝原作、レジンコミックス)は、ヒロインのAV監督である安西聡子が人気AV女優の紗倉まなに似ていると噂されており、とりわけ韓国での人気が高い[2]

ノンフィクション[編集]

  • 『封印されたアダルトビデオ』彩図社、2012年
  • 『女子高生ビジネスの内幕』宝島社、2016年
  • 『モザイクの向こう側』双葉社、2016年
  • 『日本人妻はなぜ、不倫をするのか』鹿砦社 2018年

小説[編集]

  • 『ベースメント』TOブックス、2017年

漫画原作[編集]

  • 『実録暴走族抗争 スペクターvsブラックエンペラー』(作画:夢未さくら)竹書房、2009年
  • 『実録暴走族抗争 全国制覇伝説vsキラー連合!!』(作画:マグナム元気)竹書房、2009年
  • 『実録暴走族抗争 相模スペクター伊藤親博伝南関東覇権戦争』(作画:藤原さとし)竹書房、2009年
  • 『Highイキ!』(作画:MOONサザン)レジンコミックス、2015年 - (WEBコミック)
  • 『グラたま。』(作画:悠宇樹)レジンコミックス、2016年 - (WEBコミック)
  • 『明日は来るから』(作画:富沢みどり)レジンコミックス、2016年 - (WEBコミック)
  • 『余命一年のAV女優』(作画:玉越博幸モバMAN、小学館 、2017年

映像作品[編集]

  • 『口裂け女リターンズ』ジョリーロジャー、2012年:脚本(伊吹峻央名義)
  • 『12星座とラブる!』東京MXテレビ、2014年:監督
  • 『ベースメント』MARCOT、2016年:監督
  • 『名前』2018年:製作統括
  • 『マジカル・セックス 淫ら姫の冒険』大蔵映画、2018年:プロデューサー

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 井川楊枝『封印されたアダルトビデオ』(彩図社、2012年)p.192
  2. ^ 日本のAV女優の待遇はメジャーリーガー級!? 紗倉まな激似ヒロインのAV漫画が韓国で大ヒット中!日刊サイゾー2016年5月13日

外部リンク[編集]