井上博允

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井上 博允
生誕 1942年7月??
日本の旗 日本 鹿児島県鹿児島市
研究分野 ロボット工学
研究機関 東京大学藤井澄二研究室
電子技術総合研究所MIT
東京大学情報システム工学研究室
日本学術振興会
産業技術総合研究所
出身校 東京大学
博士課程
指導教員
藤井澄二
博士課程
指導学生
#主な課程博士の節参照。
主な業績 人工の手の計算機制御、1インチはめあいロボット、Lispによるロボット総合システムCOSMOS、ヒューマノイドロボットHシリーズ
主な受賞歴 日本学士院賞(2016年)
プロジェクト:人物伝

井上 博允(いのうえ ひろちか、1942年(昭和17年)7月 - )は、日本のロボット工学者東京大学名誉教授工学博士鹿児島県鹿児島市出身[1]

1969年計算機による人工の手(ロボットマニピュレータ)のバイラテラル制御を実現。電子技術総合研究所ではハンド・アイロボットシステムに携わり、客員研究員で訪れたMITにおいてロボットによる千分の一インチのはめあい作業を実現する。

東京大学に赴任後は、情報システム工学研究室においてマニピュレーション、ビジョン、知能ロボット、ヒューマノイドロボット等のロボット研究で顕著な業績を上げる。HRP愛・地球博のプロジェクトリーダー、デジタルヒューマン研究センターの研究統括等としても活躍している。

研究経歴[編集]

藤井澄二研究室[編集]

  • 論理機械による人工の手のバイラテラル制御
  • 計算機による人工の手のバイラテラル制御

電子技術総合研究所[編集]

  • ハンド・アイシステムにおけるビジュアルフィードバックの実現
  • 1000分の1インチはめあい組み立てロボット

東京大学情報システム工学研究室[編集]

  • 視覚による柔軟物体のハンドリング
  • ロボット言語の研究
  • マルチウインドウ方式のロボット視覚用LSIの開発
  • 物体の見方と見え方に関する人工知能の研究
  • 人間の動作を観察し理解し模倣することによるロボット動作の自動獲得の研究
  • 相関演算に基づく実時間トラッキングビジョンシステムの開発
  • パラレルマニピュレータの開発
  • ロボット総合システムおよびプラットフォームの構築
  • 触覚センサースーツの開発
  • ヒューマノイドロボット H シリーズの開発
  • 機能性高分子センサアクチュエータ、ゲルロボット
  • 科学研究費補助金 重点領域研究「知能ロボット」
  • 経済産業省「人間協調共存型ロボットシステムの開発」プロジェクトリーダー

退官後[編集]

  • 愛・地球博「NEDOロボット開発プロジェクト」プロジェクトリーダー[2]

略歴[編集]

受賞・栄典[編集]

  • 日本機械学会(1971年論文賞[3]、1996年ロボットメカトロニクス部門功績賞、1997年100周年記念功績賞、2002年ロボットメカトロニクス部門ROBOMEC賞[4]
  • 日本ロボット学会(1987年論文賞[5]、1997年実用化技術賞[6]、1998年論文賞[7]、1999年論文賞[8]、2004年論文賞[9]、2012年設立功労者特別賞[10]
  • 計測自動制御学会(1988年技術賞[11]
  • 人工知能学会(1988年度論文賞[12]
  • IEEE(2000年IEEE/RAS Int. Conference on Humanoid Robotics, Best Paper Award[13]、2005年Robotics and Automation Society, Pioneer Award、2011年Technical Field Award: Robotics and Automation Award)
  • Pattern Recognition Society(1975年Best Paper Award[14]

社会的活動[編集]

  • 日本機械学会(フェロー:2000年)
  • 日本ロボット学会(1988~1990年:理事、フェロー:2003年)
  • International Journal of Robotics Research
(1983年8月~:Editorial Board、2004年1月~:Advisory Board)
  • International Journal of Robotic Systems
(1985年1月~:Editorial Board)
  • IFRR(International Foundation of Robotics Research)
(1987~1995年:Secretary、1995~2001年:President)
  • 経済産業省 人間協調共存型ロボットシステムの開発「ヒューマノイドロボティクス」プロジェクト プロジェクトリーダー
  • 愛・地球博「NEDOロボット開発プロジェクト」プロジェクトリーダー[19]

主要な著作[編集]

学位論文
著書
論文
  • 井上博允「論理機械によって制御される人工の手」、『計測と制御』第7巻第12号、1968年、 839-844頁、 doi:10.11499/sicejl1962.7.839
  • 井上博允「人工の手の計算機制御」、『日本機械学会誌』第73巻第618号、1970年7月、 946-954頁、 NAID 110002468583
解説
  • 井上博允「知能ロボットに関する最近の研究動向: 重点領域研究「知能ロボット」とその周辺」、『計測と制御』第35巻第4号、1996年、 237-242頁、 doi:10.11499/sicejl1962.35.4_237
  • 井上博允、比留川博久「人間協調・共存型ロボットシステム」、『日本ロボット学会誌』第18巻第8号、2000年、 1089-1092頁、 doi:10.7210/jrsj.18.1089
  • 井上博允「愛・地球博ロボットプロジェクトから学ぶもの」第24巻第2号、2006年doi:10.7210/jrsj.24.148
  • 井上博允「トランスペアレントなロボットシステム」、『日本ロボット学会誌』第23巻第4号、2005年、 422-425頁、 doi:10.7210/jrsj.23.422
  • 井上博允「科研費を卒業してから思うこと (PDF) 」 、『私と科研費』2011年6月。

主な課程博士[編集]

小笠原司[20](後 電総研NAIST)
溝口博[21](後 東京理科大学)
稲葉雅幸[22](後 東京大学)
津坂祐司[23](後 (株)豊田中研)
國吉康夫[24](後 電総研、東大)
相山康道[25](後 東大、筑波大
森武俊[26](後 東京大学)
柴田智広[27](後 NAIST九工大)
岡哲資[28](後 福岡工大日大)
加賀美聡[29](後 産総研)
松本吉央[30](後 大阪大、産総研)
稲邑哲也[31](後 東大、NII)
長坂憲一郎[32](後 (株)ソニー)
但馬竜介[33](後 (株)豊田中研)
西脇光一[34](後 産総研)
大武美保子[35](後 東大、千葉大)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本学士院賞授賞の決定について
  2. ^ 学会からのお知らせ、日本ロボット学会誌、27巻1号 ―お知らせ3― 2009年1月
  3. ^ 井上博允「人工の手の計算機制御」、『日本機械学会誌』第73巻第618号、1970年7月、 946-954頁、 NAID 110002468583
  4. ^ 受章発表:加賀美聡、カフナージェームス、西脇光一、杉原知道、道方孝志、青山拓磨、稲葉雅幸、井上博允『ヒューマノイドの遠隔操作インタフェースの研究』ロボティクスシンポジア、11A1
  5. ^ ロボットによる紐のハンドリング稲葉雅幸 井上博允 (東京大学)
  6. ^ 受賞技術:動き追跡処理システム「トラッキングビジョン」、受賞組織:(株)富士通研究所、富士通(株)、東京大学、受賞者:内山隆、森田俊彦、沢崎直之、浅田和徳、佐藤雅彦、井上博允、稲葉雅幸
  7. ^ 受賞論文:加賀美聡、稲葉雅幸、井上博允「リモートプレイン方式におけるソフトウェアプラットフォームの構造化と実現」、『日本ロボット学会誌』第15巻第4号。
  8. ^ 受賞論文:稲葉雅幸、星野由紀子、上博允「導電性ファブリックを用いた全身被覆型触覚センサスーツ」、『日本ロボット学会誌』第16巻第1号、 NAID 10011652543
  9. ^ 受賞論文:Ikuo Mizuuchi; Shigenori Yoshidam, Masayuki Inaba, Hirochika Inoue. “The development and control of a flexible-spine for a human-form robot”. Advanced Robotics 17 (2). 
  10. ^ 日本ロボット学会>表彰>設立特別功労賞、2014年2月6日閲覧。
  11. ^ 受章テーマ:『複数の注視領域を有するロボット視覚のためのウィンドウ制御用LSIの開発』、受賞者:東京大学 井上博允君・稲葉 雅幸(東京大学)、溝口博(東芝)、池端重樹・磯貝文彦(三菱電機
  12. ^ 受賞論文:「環境モデルにおける物体の見え方と見方」伊庭斉志,松原仁,井上博允
  13. ^ 受賞テーマ:ヒューマノイドのモーションプランニング
  14. ^ 受賞テーマ:Assembly by Visual Feedback
  15. ^ 受賞テーマ:人間の動作の観察・理解に基づくロボット作業教示
  16. ^ 受賞テーマ:トラッキングビジョンシステム開発
  17. ^ 受賞理由:知能ロボット研究開発
  18. ^ ロボット学の研究功績に対して。日本ロボット学会誌、学会からのお知らせ、JRSJ-27(1)、2009、お知らせページ2
  19. ^ 学会からのお知らせ、日本ロボット学会誌、27巻1号 ―お知らせ3― 2009年1月
  20. ^ 小笠原司 『知能ロボットのシステム構成法に関する研究』 東京大学〈博士論文(甲第6172号)〉、1983年3月。
  21. ^ 溝口博 『分散処理される多数の注視領域を有する視覚システムに関する研究』 東京大学〈博士論文(甲第6756号)〉、1985年3月。
  22. ^ 稲葉雅幸 『三次元視覚認識機能を有する知能ロボットシステムの研究』 東京大学〈博士論文(甲第7093号)〉、1986年3月。
  23. ^ 津坂祐司 『接触と摩擦に基づく物体のハンドリングとその制御統括システムに関する研究』 東京大学〈博士論文(甲第7695号)〉、1988年3月。
  24. ^ 國吉康夫 『知能ロボットによる人間の行為の観察と理解に関する研究』 東京大学〈博士論文(甲第9064号)〉、1991年3月。
  25. ^ 相山康道 『グラスプレス・マニピュレーションに関する研究』 東京大学〈博士論文(博工第3448号、甲11204)〉、1995年3月。
  26. ^ 森武俊 『相関法による注視点追跡に基づくロボットビジョンに関する研究』 東京大学〈博士論文(博工第3453号、甲11209)〉、1995年3月。
  27. ^ 柴田智広 『人間との視覚情報の共有に基づいて行動する移動ロボットの研究』 東京大学〈博士論文(博工第3689号、甲11891)〉、1996年3月。
  28. ^ 岡哲資 『ビヘービアネットによる自律ロボットの機能統合』 東京大学〈博士論文(博工第3686号、甲11888)〉、1996年3月。
  29. ^ 加賀美聡 『リモートブレインアプローチによる知能ロボットシステムの研究』 東京大学〈博士論文(博工第3926号、甲12648)〉、1997年3月。
  30. ^ 松本吉央 『ビューベーストアプローチによる移動ロボットの経路誘導に関する研究』 東京大学〈博士論文(博工第4191号、甲13473)〉、1998年3月。
  31. ^ 稲邑哲也 『人間との対話に基づくロボットの行動知能形成に関する研究』 東京大学〈博士論文(博工第4718号、甲15223)〉、2000年3月。
  32. ^ 長阪憲一郎 『動力学フィルタによる人間型ロボットの全身運動生成』 東京大学〈博士論文(博工第4722号、甲15227)〉。
  33. ^ 但馬竜介 『全身型多自由度拮抗腱駆動ロボットシステムの研究』 東京大学〈博士論文(博工第5156号、甲17015)〉、2002年3月。
  34. ^ 西脇光一 『人間型ロボットの歩行システム構築と動作のオンライン生成制御』 東京大学〈博士論文(博工第5159号、甲17018)〉、2002年3月。
  35. ^ 大武美保子 『Modeling, Design and Control of Electroactive Polymer Gel Robots(電場応答性高分子ゲルロボットのモデリング・設計・制御)』 東京大学〈博士論文(博工第5422号、甲17964)〉、2003年3月。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

(講演動画など)

講演概要と講師略歴配布資料映像【1:24:47 】、2014年2月6日閲覧。