中頭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
  中頭。ただし那覇市は除かれている。
  北山(山北)。
  中山(山中)。
  南山(山南)。

中頭(なかがみ)は、沖縄本島の中部地域である。中頭地方中頭地区中頭方(なかがみほう)。

沖縄本島は北東から南西に国頭・中頭・島尻に3分され、中頭はその1つである。中心都市は沖縄市

歴史[編集]

沖縄本島を三分する体制は14~15世紀の三山時代に由来し、中頭は三山のうち中山領地にあたる。

1673年に金武間切の一部と読谷山間切の一部が恩納間切(のちの恩納村)となった。のちに恩納村は国頭とみなされたため、国頭と中頭の境は北山と中山の境より東シナ海側で南に伸びている。

1896年郡制施行では中頭郡が置かれた。ただし1945年石川市(現うるま市)に始まり数市がを離脱しているため、現在の中頭郡は本来の中頭よりかなり狭い。また、本来は中頭だった西原町の一部が現在は那覇市に属す。

市町村[編集]

市町村コード順。

教育区分としての中頭[編集]

教育区分としての中頭地区は、那覇市浦添市を除いた市町村で構成される[1]

脚注[編集]

  1. ^ 中頭教育事務所ホームページ - 管内小中学校一覧参照。