なかのとおる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中野徹から転送)
移動先: 案内検索

なかの とおる1959年4月14日 - )は、日本の男性音響監督音響プロデューサー。本名及び別名は中野 徹(読みは同じ)。香川県高松市出身。

経歴・人物[編集]

学生時代に声優プロダクションの青二プロダクションの10周年記念イベントを手伝ったことで同社に入社。主にイベントの仕事を行う。青二で出会った南沢道義と行動を共にし、以後、ぷろだくしょんバオバブを経て、1981年81プロデュースを南沢と共に設立。1984年に有限会社81音楽出版(現・HALF H・P STUDIO)も設立することとなる[1]。81プロデュースと、HALF H・P STUDIOの執行役員を経て、2011年よりフリー[2]

当初は声優のマネージメントを担当していたが、1986年発売のOVACall Me トゥナイト』から音響制作の仕事を並行して行なうようになった。山田悦司藤山房延佐藤敏夫小山悟の4人の音響監督から音響制作を学び、師事しているという。2007年現在は、HALF H・P STUDIOの制作部と演出部で音響プロデューサーと音響監督の仕事を行なっている。

多くのビィートレインが制作するアニメ作品、特に真下耕一が監督する作品で音響監督を務める。

音響監督を務める場合は「なかのとおる」名義、音響プロデューサーを務める場合は「中野徹」名義を使用[1]。ただし古い作品では音響監督でも「中野徹」名義を使っていた。

参加作品[編集]

※ 特記のない限り全て音響監督としての参加

テレビアニメ[編集]

1989年

1991年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

  • てさぐれ! 部活もの あんこーる(音響プロデューサー)
  • みならいディーバ(音響プロデューサー)

2015年

  • 青春×機関銃
  • てさぐれ! 部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう(音響プロデューサー)

2016年

2017年

OVA[編集]

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2003年

2004年

2005年

2007年

2008年

2009年

2012年

劇場アニメ[編集]

1999年

2000年

2006年

2008年

2009年

  • 劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇

2012年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『THE 声優マガジン Black VOICHA!』 シンコーミュージック、2007年12月18日。ISBN 9784401631643
  2. ^ 小野瀬幸一のブルー☆これくしょん!! 第167回 音響監督 なかのとおるさん、ブルーレディオ・ドットコム、2012年9月10日。
  3. ^ “NHKアニメワールド 「へうげもの」スタッフ・キャスト”. 「へうげもの」公式サイト. http://www9.nhk.or.jp/anime/hyouge/staff/index.html 2016年4月26日閲覧。 

参考文献[編集]

  • ハイパーボイス監修『すごい!アニメの音づくりの現場』雷鳥社、2007年