中村公輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村公輔
別名 KangarooPaw
生誕 (1974-07-30) 1974年7月30日(48歳)
出身地 日本の旗 日本
学歴 早稲田大学第一文学部卒
ジャンル ロック
ポップス
職業 ミュージシャン
作曲家
アレンジャー
レコーディング・エンジニア
音楽プロデューサー
ライター
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 1999年 -
共同作業者 初音ミク
公式サイト KangarooPaw Official Web

中村 公輔(なかむら こうすけ、1974年7月30日 - )、は日本のミュージシャン、アレンジャー、レコーディング・エンジニア、作曲家、ライター。早稲田大学第一文学部卒。

略歴[編集]

エレクトロニカ・ユニットneinaのメンバーとして1999年にドイツMille Plateauxよりアルバム「formed verse」をリリース[1]。2000年に同メンバーによる別ユニット繭(maju)[2]をオーストラリアExtreme Recordsより、ソロ・プロジェクトKangarooPawを自身のレーベル深海レコードよりリリース。作風はIDMから60~70年代のロックを基調としたフォークトロニカの様なサウンドまで多彩。

2003年、小谷元彦ヴェネツィア・ビエンナーレ出展作「Rompers」[3]のミックスを担当。リミキサー、アレンジャー、レコーディングエンジニアとして数多くの作品を手がける他、2012年より大学、専門学校等で講師を務める。2013年にはthe HIATUSのツアーにManipulatorとして参加[4]

2012年4月-2017年3月、国際アート&デザイン大学校講師。

2014年4月-2017年3月、京都精華大学ポピュラーカルチャー学部音楽コース講師[5][6]

2013年-現在、美学校レコーディングコース講師[7]

2018年10月、東京都が主催した「東京150年祭」において、浜離宮恩賜庭園で行われた『初音ミクと振り返るプロジェクションマッピングショー』[8]でサウンドエンジニア、サウンドプロデューサーを務めた[9]

近年はCM音楽の作曲や、ライターとして各誌へ寄稿するなど活動の幅を広げている。

ディスコグラフィー[編集]

  • neina/formed verse(Mille Plateaux、1999年)[1]
  • maju/maju-2(extreme/P-vine、2000年)[2]
  • KangarooPaw/KangarooPaw(Shinkhai Records、2000年)

手がけた主なアーティスト[編集]

連載[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Discogs. “Neina–Formed Verse”. 2018年4月1日閲覧。
  2. ^ a b Discogs. “Maju”. 2018年4月1日閲覧。
  3. ^ 森美術館. “小谷元彦展幽体の知覚”. 2011年1月29日閲覧。
  4. ^ 激ロック. “the HIATUS、新作EPを7月にリリース&夏のショート・ツアー開催を発表!初のホール・ツアーを収めたライヴDVD&Blu-ray、CDをいよいよ明日5/22同時リリース!”. 2013年5月21日閲覧。
  5. ^ 京都精華大学. “『サウンド&レコーディング・マガジン』に音楽コースとの連携企画による特集記事掲載”. 2018年11月1日閲覧。
  6. ^ 京都精華大学. “京都精華大学ポピュラーカルチャー学部基本計画書”. 2018年4月1日閲覧。
  7. ^ 美学校. “レコーディングコース・プレミアム 中村公輔”. 2018年4月1日閲覧。
  8. ^ マイナビニュース. “初音ミク、東京150年祭会場即完グッズが追加生産決定”. 2018年11月6日閲覧。
  9. ^ 東京都. “東京150年祭”. 2018年10月1日閲覧。
  10. ^ Discogs. “Dill–Opera”. 2010年4月1日閲覧。
  11. ^ BARKS. “NPD、ライヴでオリジナルCDをプレゼント”. 2005年3月31日閲覧。
  12. ^ Discogs. “相対性理論と大谷能生 – 乱暴と待機”. 2018年11月1日閲覧。
  13. ^ HMV. “ビート・キャラバン 『めかくしプレイ』”. 2010年8月18日閲覧。
  14. ^ CINRA.NET. “入江陽の新アルバムは7人の音楽家と作った『SF』、レコ発ツアーも”. 2016年1月10日閲覧。
  15. ^ ナタリー. “謎の神奈川発ユニット・宇宙ネコ子アルバムにラブサマちゃん、入江陽ら参加”. 2018年11月1日閲覧。
  16. ^ ナタリー. “折坂悠太、多彩なジャンルを取り入れたニューアルバム「平成」”. 2018年11月1日閲覧。
  17. ^ CINRA.NET. “Taiko Super Kicks初の7インチアナログ盤『感性の網目 / bones』明日発売”. 2018年11月16日閲覧。
  18. ^ simonsaxon.com. “ルルルルズが3年ぶりリリースの2ndアルバムより新曲「誰も知らない」MVを公開”. 2018年11月1日閲覧。
  19. ^ Mikiki. “日本語ロックの秘密兵器・ツチヤニボンドが10月発売の新作『3』より収録曲公開中、キセルやL・マルケスと競演ライヴも”. 2018年11月1日閲覧。
  20. ^ OTOTOY. “さとうもか、今度は大丸札幌キャンペーンソングとして初音ミクに楽曲提供! 愛らしい次世代ポップスが完成”. 2018年10月26日閲覧。
  21. ^ UROROS. “エンドウシンゴ、架空の映画のサウンドトラック『CINEMA POETIQUE VOL.1 “ON AND ON”』10月10日発売。ジャンルを超えた才能が集結”. 2018年10月5日閲覧。
  22. ^ リットーミュージック. “カンガルー・ポーのマイク1年生 サウンド&レコーディング・マガジン・アーカイブ・シリーズ2”. 2016年10月8日閲覧。
  23. ^ リットーミュージック. “名盤レコーディングから読み解くロックのウラ教科書”. 2018年5月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]