中川素子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中川 素子(なかがわ もとこ、1942年 - )は、日本の美術学者、文教大学名誉教授。

東京生まれ。父は小説家高杉一郎1966年東京藝術大学美術学部卒。1969年同大学院保存修復技術修士課程修了。同年立正女子大学助手、71年専任講師、78年文教大学(校名変更)教育学部助教授、93年教授、2013年定年退任、名誉教授。1965年安宅賞受賞。1992年『絵本はアート』で日本児童文学学会賞奨励賞受賞。絵本、ブックアートなどが専門。[1]

著書[編集]

  • 『絵本はアート ひらかれた絵本論をめざして』教育出版センター 1991
  • 『本の美術誌 聖書からマルチメディアまで』工作舎 1995
  • 『絵本は小さな美術館 形と色を楽しむ絵本47』平凡社新書 2003
  • 『モナ・リザは妊娠中? 出産の美術誌』平凡社新書 2007

共著編[編集]

  • 絵本の視覚表現 そのひろがりとはたらき 今井良朗,笹本純共著 日本エディタースクール出版部 2001
  • イラストレーション・絵本 今井良朗共編 武蔵野美術大学出版局 2002
  • 写真を使って絵本を作ろう! / 和田直人共著 あすなろ書房 2003
  • 絵本でひろがる楽しい授業 文教大学絵本と教育を考える会著・中川編 明治図書出版 2003
  • ブック・アートの世界 絵本からインスタレーションまで 坂本満共編 水声社 2006.6
  • 女と絵本と男 翰林書房 2009

翻訳[編集]

  • エイラトさんのへんしんどうぶつえん ロイス・エイラト 偕成社 1997.12
  • エイラトさんのへんしんのうじょう ロイス・エイラト 偕成社 1998.7

参考[編集]

  • J=GLOBAL

[編集]

  1. ^ 「中川素子教授 略歴・主要業績」『文教大学教育学部紀要』2013-03