坂本満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂本 満(さかもと みつる、1932年4月18日 - )は、日本の美術史学者、お茶の水女子大学名誉教授。専門は東西美術交渉史、西洋版画史。

来歴[編集]

東京生まれ。1955年東京大学教養学部フランス科卒、57年同文学部美学美術史卒、59年同大学院修士課程修了。吉川逸治の下でゴヤを研究、パリ図書館に学び、東京国立博物館学芸員、東京国立文化財研究所勤務、1973年お茶の水女子大学文教育学部教授、1989年国立歴史民俗博物館教授、1996年定年退官、聖徳大学教授。金沢美術工芸大学客員教授。専門は東西美術交渉史、西洋版画史。[1]

著書[編集]

  • 『版画散歩』(筑摩書房、1985年)
  • 『人間の美術 8 黄金とクルス 安土・桃山時代』(学習研究社 1990年)

共編著[編集]

  • 世界の美術 第8 エル・グレコベラスケス河出書房新社 1965年)
  • 講談社版世界美術 第11 バロック・ロココ (講談社 1966年)
  • 世界美術全集 第9 コロー、ミレー、クールベ、ドーミエ他 (河出書房新社 1967年)
  • 世界版画大系 全10巻 (ジャン・アデマール、吉川逸治共編 筑摩書房 1972年-1974年)
  • ファブリ世界名画集 78 ティントレット (平凡社 1973年)
  • 日本の美術 34 南蛮美術 (吉村元雄共著 小学館 (ブック・オブ・ブックス) 1974年)
  • 新潮美術文庫 21 コロー 1974年)
  • 平凡社ギャラリー 23 北斎漫画 (平凡社 1974年)
  • 新潮美術文庫 10 リューベンス (1976年)
  • グランド世界美術 16 ワトーとロココ美術 (講談社 1977年10月)
  • 世界の素描 5 ティントレット (講談社 1978年11月)
  • 日本屏風絵集成 第15巻 風俗画 南蛮風俗 (講談社 1979年8月)
  • 現代日本の美術 第1巻 近代の胎動 (小学館 1980年1月)
  • NHKルーブル美術館 5 バロックの光と影 イタリア/スペイン/フランドル/オランダ (日本放送出版協会 1986年1月)
  • 世界美術大全集 西洋編 第17巻 バロック 2 (高橋達史共編 小学館 1995年6月)
  • 世界美術大全集 西洋編 第18巻 ロココ 小学館 1996年8月)
  • ブック・アートの世界 絵本からインスタレーションまで (中川素子共編 水声社 2006年6月)
  • 南蛮屏風集成 (中央公論美術出版 2008年2月)

翻訳[編集]

  • バロック芸術 (ヴィクトール・リュシアン・タピエ 高階秀爾共訳 白水社 (文庫クセジュ) 1962年)
  • バロック イタリアと中部ヨーロッパ (ピエール・シャルパントラ 美術出版社 (世界の建築) 1965年)
  • 近代画家論 (リオネロ・ヴェントゥーリ 佐々木英也、高階秀爾共訳 角川書店 1967年)
  • フランシスコ・ゴヤ (ジャック・シャストネ他 岩井瑞枝共訳 小学館 (世界伝記双書) 1984年6月)

参考[編集]

  • 著書記載略歴

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002