丙子の乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
丙子胡乱から転送)
移動先: 案内検索
丙子の役
戦争
年月日1636年 - 1637年
場所:朝鮮半島
結果清国の勝利、朝鮮の降伏
交戦勢力
清国 李氏朝鮮
指導者・指揮官
ホンタイジ(皇太極)

ドルゴン(多爾袞)
イングルダイ中国語版(英俄爾岱)
ダイシャン中国語版(代善)
ドド中国語版(多鐸)
ホーゲ
ヨト中国語版(岳託)
マフタ(馬福塔)

朝鮮仁祖

金自點韓国語版
林慶業韓国語版
沈器遠韓国語版
申景瑗
洪命耉 
金俊龍
閔栐 

戦力
128, 000 不明
損害
不明 不明

丙子の役(へいしのえき)は、1636年から1637年にかけて、が朝鮮(李氏朝鮮)に侵入し、朝鮮を制圧した戦いの朝鮮での呼び名である。中国では丙子之役と呼ばれている。朝鮮の呼称にあるの字は、古来より漢族北部や西部の異民族への蔑称として用いていたものであり、胡乱は北西部の蛮族(女真)が乱を起こしたという意味になる。韓国では「朝鮮王朝実録」以来、敵対感が込められた呼称である丙子胡乱 (へいしこらん)が用いられたが、自国中心主義であるとして丙子戦争の呼称も使用されている[1]

背景[編集]

17世紀初め、中国全土を支配していたが衰えを見せ、後金が台頭してきた。1627年、後金は反後金親明的な政策をとっていた朝鮮に侵入・制圧し(丁卯の役)、後金を兄、朝鮮を弟とすることなどを定めた和議を結んだ。

1636年、後金の太宗ホンタイジ(皇太極)は皇帝に即位し、国号をと改め、朝鮮に対して臣従するよう要求した。しかし朝鮮の朝廷では斥和論(主戦論)が大勢を占めたため、仁祖は要求を拒絶し、清と戦う準備に入った。清は朝鮮が謝罪しなければ攻撃すると脅したが、朝鮮はこれを黙殺した。これに激怒したホンタイジは朝鮮侵攻を決意する。

清との戦いが決定的になると、朝鮮は隣国の日本に援軍を乞う事も検討したが、これは実現しなかった[2]

経緯[編集]

1636年12月29日(旧暦12月2日)、ホンタイジは自ら10万の兵力を率いて当時都としていた盛京(瀋陽)を発ち、翌年1月5日(旧暦12月9日)には鴨緑江を渡って朝鮮に侵入した。義州府尹の林慶業韓国語版白馬山城を固めて清軍に備えたが、清軍はこれを避けて漢城に向けて進撃した。9日、朝鮮の朝廷は清軍侵入の事実を知ったが、10日には清軍がすでに開城を通過していた。朝鮮朝廷は急遽、漢城と江華島の守備を固め、宗室を江華島に避難させた。10日夜には仁祖も江華島へ逃れようとするが、清軍に道をふさがれ、やむなく1万3000人の将兵と共に南漢山城に逃れたが城を包囲され、40日余りの篭城の末に降伏、和議が結ばれた(三田渡の盟約)。

1637年2月24日(旧暦1月30日)、仁祖は城を出て、漢江南岸の三田渡にある清軍陣営に出向き、清に対する降伏の礼を行わされた。仁祖は朝鮮王の正服から平民の着る粗末な衣服に着替え、受降壇の最上段に座るホンタイジに向かって最下壇から三跪九叩頭の礼による臣下の礼を行い、許しを乞うたという。

和議の内容[編集]

ホンタイジに三跪九叩頭する仁祖(銅版)
  • 朝鮮は清国に対し、臣としての礼を尽くすこと。
  • 朝鮮は明の元号を廃し、明との交易を禁じ、明から送られた誥命と明から与えられた朝鮮王の印璽を清国へ引き渡すこと。
  • 王の長子と次男、および大臣の子女を人質として送ること。 
  • 清国が明を征服する時には、求められた期日までに、遅滞なく援軍を派遣すること。 
  • 内外(清国)の諸臣と婚姻を結び、誼を固くすること。
  • 城郭の増築や修理については、清国に事前に承諾を得ること。 
  • 清国皇帝の誕生日である聖節・正朔である正月一日・冬至と慶弔の使者は、明との旧例に従って送ること。 
  • 清国が鴨緑江の河口にある島を攻撃する時に、兵船50隻を送ること。 
  • 清国からの逃亡者を隠してはいけない。 
  • 日本との交流を許すこと。
  • 清国に対して黄金100両・白銀1000両と20余種の物品を毎年上納すること。

この和議により、李氏朝鮮は清の冊封国[3]となり、清の冊封体制に組み込まれた。

戦後[編集]

ホンタイジは、自身の「徳」と仁祖の「過ち」、そして両者の盟約を示す碑文を満州語モンゴル語漢語で石碑に刻ませ、1639年に降伏の地である三田渡に建立させた(大清皇帝功徳碑)。

李氏朝鮮は、この和議により初年度に黄金100両、白銀1000両の他、牛3000頭、馬3000頭など20項目余りの物品を献上したが、毎年朝貢品目は減った[4]。また『仁祖実録』によれば和議の10ヵ月後には、婚姻のため8歳から12歳の6人の女を送ったり[5]、その翌年には10人の侍女を送った記録があるが、これらの婚姻は取り消されている[6]

清の冊封体制に組み込まれた朝鮮は、清からの勅使派遣を迎え入れるために迎恩門を建てた。清からの勅使は1637年から1881年までの244年間に161回に及び、そのたびごとに朝鮮国王は迎恩門に至り、三跪九叩頭の礼により迎えた後、慕華館での接待を余儀なくされた。逆に朝鮮から清への朝貢使(朝鮮燕行使)は500回以上にも及んでおり(当初は毎年4回、1644年以降は年1回)、これは当時の清の冊封を受けていた琉球(2年に1回)、タイ(3年に1回)、ベトナム(4年に1回)などと比べても突出して多いものであった。このような清と朝鮮の冊封関係は、日本と清による日清戦争で日本が勝利し、下関条約で日本が清に李氏朝鮮の独立を認めさせる1895年まで、約250年間続いた[7]

朝鮮がこの戦いに敗れるまで、歴代の朝鮮王が明朝皇帝に対する臣節を全うしたことを清側は高く評価し、後の康熙帝がこれを賞賛する勅諭を出している[8]

脚注[編集]

  1. ^ 「壬辰倭乱」を「壬辰戦争」に、来年から高校教科書で(1) 中央日報 2011年09月25日
  2. ^ 文甲植 (2015年6月28日). “【コラム】「韓国の物は信じられない」という韓国人の心理”. 朝鮮日報: p. 2. http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/06/27/2015062700440.html 2015年7月3日閲覧。 
  3. ^
    • 川島真(「『普通の国』と『大国』の間―近代中国外交から見る―」 「東アジア」における地域秩序と現代中国-帝国論の視点からー 2004年12月11日/大阪・中国現代史研究会シンポジウム
    • 清史稿』 列伝 三百十三 属国一 
  4. ^

    崇德二年正月二十八日。歲幣以黃金一百兩、白銀一千兩、水牛角弓面二百副、豹皮一百張、鹿皮一百張、茶千包、水㺚皮四百張、靑皮三百張、胡椒十斗、好腰刀二十六把、蘇木二百斤、好大紙一千卷、順刀十把、好小紙一千五百卷、五爪龍席四領、各樣花席四十領、白苧布二百匹、各色綿紬二千匹、各色細麻布四百匹、各色細布一萬匹、布一千四百匹、米一萬包爲定式。
    同、3月

    『仁祖実録』34卷 15年 正月 28日 (戊辰)

    ○淸人減歲幣細麻布一百匹、諸色紬七百匹、諸色木綿布四千一百匹、蘇木二百斤、茶一千包、佩刀二十把。

    仁祖 46卷, 23年(1645 乙酉 / (順治) 2年) 閏6月 5日(乙酉)

  5. ^

    辛卯/備局抄啓婚媾女子六人。 右議政申景禛, 以妾孫女,爲養女年八歲, 前判書李溟妾女年八歲, 工曹判書李時白養女年八歲, 前僉知李厚根妾女年十二歲, 前判書沈器遠妾女年十一歲, 宗室之女一人, 亦在其中, 上命去之, 遂以平安兵使李時英妾女, 充其選。

    『仁祖実録』35卷, 15年 11月 27日

  6. ^

    擇各司婢子之在諸道者十人, 入送瀋陽, 以淸國曾有侍女之請故也。

    『仁祖実録』37卷, 16年 7月 8日

  7. ^ 『韓国・中国「歴史教科書」を徹底批判する』小学館、2001年、ISBN 4094023763
  8. ^ 陳舜臣 『中国の歴史(六)』 講談社〈講談社文庫〉、1991年、343-344頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]