貢女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

貢女朝鮮語: 공녀、コンニョ)は、一般に女性を朝貢品の1つとして献上することである。帰国が出来た女性は国内でも還鄕女朝鮮語: 환향녀、ファンヒャンニョ)として蔑視・差別待遇を受けた[1][2]。現在でも朝鮮語・韓国語で女性を節操のない女だと罵倒して卑下する言葉として用いられるファニャンニョン(화냥년)の由来となっている[3]5世紀高句麗新羅から中国の北魏に送ったという記録があるが、朝鮮半島から貢女の献上が最も盛んに行われたのは高麗後期から李氏朝鮮時代にかけてだったため[4][5]、ここでは高麗と李氏朝鮮時代の貢女について説明する。

概要[編集]

高麗[編集]

高麗時代の献上先は蒙古()、契丹であり、貢女だけでなく多くの朝貢を強いられていた。

高麗時代の1番目の資料は結婚都監ko:결혼도감)を置き、140名の貢女を行い、2番目は貢女確保のために国中の婚姻が禁止されて、3番目に資料では寡婦處女推考別監朝鮮語: 과부처녀추고별감)という役所を設け組織的に対応していることがわかる。

  • 高麗史 元宗3、世家第27 高麗史27 元宗15年(1273年)3月
壬寅 元遣蠻子[注釈 1]媒聘使肖郁來中書省牒云 "南宋襄陽府生券軍人求娶妻室 故差委宣使肖郁押官絹一千六百四十前去下高麗國令有司差官一同求娶施行" 肖郁令選無夫婦女一百四十名 督之甚急於是置結昏都監 自是 至秋窮搜 閭井獨女逆賊之妻 僧人之女 僅盈其數怨咨大興例給一女資粧絹十二匹[注釈 2]分與蠻子蠻子卽率北還哭聲震天觀者莫不悽
  • 高麗史 十六 世家巻第二十八 忠列王一 忠烈王元年(1275年)冬の条 10月
癸未 遣僉議贊成事兪千遇如元賀正告改官制獻處女十人.
  • 高麗史 十六 世家巻第二十八 忠列王一 忠烈王2年(1276年)
甲子 元遣楊仲信齎幣帛來爲歸附軍五百人聘妻 王遣寡婦處女推考別監正郞金應文等五人於諸道先是慶尙道屯邊官軍頭目申中書省曰: "高麗人無時乘驛致其疲弱設有他變恐不及時." 中書省移牒禁之始立剳子色應文等各受鋪馬剳子以行.

中国が私的に連れて行ったケースを含めると、献上された貢女は数千人に上るという。中国から貢女を選抜する使臣が訪れると、朝鮮では選抜機関を設置して、巡察使が各地を物色したが、民衆は激しく抵抗し、貢女候補になるや、娘の顔に薬を塗り傷を付けケースや出家させるケースもあり、幼児を嫁がせることまであったという。そのため、李氏朝鮮時代には「12歳以下の女子については婚姻を禁ずる」法令を下した。李氏朝鮮王の太宗8年には、処女30人が選抜されたが、中国の使臣は「美しい女がいない」として罰しようとし、娘たちも指名を避けるため、障害があるかのように装い、太宗は「処女を隠した者、針灸を施した者、髪を切ったり薬を塗ったりした者など、選抜から免れようとした者」を罰する号令を下した。世宗は、「国内の利害のみならず、外国にも関係することなので、ただ(中国皇帝の)令に従うのみ」と述べた[4][5]

李穀(1298年-1351年)が元の皇帝に貢女による高麗国内の現状を上訴している[4][5]

1332年忠粛王は元朝の衰えとともに、元朝への貢女を廃止している。

なお、貢女でありながら、王后(妃)となった女性に

などがいる。

李氏朝鮮[編集]

1618年後金は明への宣戦布告の前後、李氏朝鮮をお前と呼ぶ国書を送り、『明の戦争に朝鮮は介入するな』と命令した。李氏朝鮮王の光海君サルフの戦いで後金に敗北したものの、戦後に中立外交を打ち出して国王としての面子を少しは保ていた。しかし、次に王になった仁祖は国力も無いのに1627年丁卯胡乱で敗北させられた9年後の1636年丙子胡乱(後金の新国号)に挑んで壊滅的大敗をした。仁祖は真冬に南漢山城からホンタイジの下に三跪九叩頭をさせられて、勝者のパーティー後にホンタイジから毛皮を贈り物として受けて「感謝します」と2回膝まずき6回頭を下げて三田渡の盟約をした。最大50万人が捕虜になり、連行されて性奴隷に転落した朝鮮の女性は帰国出来た者さえ還郷女として故国では家門からも捨てられた上にあらゆる嫌悪・差別を受けた。還郷女(ファニャンニョ)は李氏朝鮮では以後淫らな女性を指す言葉になったほどだった[6][7]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 蠻子(蛮子)とは南宋の漢人部隊
  2. ^ 匹は2反。従って12匹は24反となる。
  3. ^ 厳密には高麗時代ではない。

出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]