世界観 (クリープハイプのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世界観
クリープハイプスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル オルタナティヴ・ロック
インディー・ロック
時間
レーベル ユニバーサルシグマ
チャート最高順位
クリープハイプ アルバム 年表
一つになれないなら、せめて二つだけでいよう
2014年
世界観
(2016年)
泣きたくなるほど嬉しい日々に
2018年
『世界観』収録のシングル
  1. 愛の点滅
    リリース: 2015年5月5日
  2. リバーシブルー
    リリース: 2015年9月30日
  3. 破花
    リリース: 2016年3月23日

  4. リリース: 2016年8月10日
テンプレートを表示
映像外部リンク
「世界観」全曲トレーラー映像

世界観』(せかいかん)は、クリープハイプのメジャー4枚目のオリジナルアルバムである。2016年9月7日にユニバーサルシグマから発売された。

概要[編集]

前作『一つになれないなら、せめて二つだけでいよう』から約1年半ぶりとなるアルバム。シングルリリースされた「愛の点滅」「リバーシブルー」「破花」「」の4曲が収録されている。
アルバムのジャケットは、尾崎世界観初の小説『祐介』の表紙と紐付いたデザイン。

収録曲[編集]

CD[編集]

(全作詞・作曲:尾崎世界観)(特記除く)
  1. [3:05]
  2. 破花 [3:31]
  3. アイニー [3:47]
  4. 僕は君の答えになりたいな [3:33]
    • 代ゼミのCMソングの候補であった楽曲。
  5. [3:39]
    • 10th シングル『』表題曲。
    • 日本テレビ系ドラマ『そして、誰もいなくなった』主題歌。
    • ライブで演奏される際には、歌詞の「津田沼の六畳間で……」がライブ会場や都市の名前に(新木場の六畳間で……等き換えられている。
  6. TRUE LOVE [3:44](作詞・作曲:尾崎世界観 / チプルソ
  7. 5% [4:11]
  8. けだものだもの [3:14]
  9. キャンバスライフ [3:22](作詞・作曲:長谷川カオナシ)
    • アルバムで恒例となっているBa.長谷川カオナシがリードボーカルを担当する楽曲。
  10. テレビサイズ(TV Size 2'30) [2:30]
    • 『破花』の初回限定版DVDにこの曲が初披露されている映像が収録されている。
  11. 誰かが吐いた唾が キラキラ輝いてる [3:11]
  12. 愛の点滅 [3:18]
    • 7th シングル『愛の点滅
    • 映画『脳内ポイズンベリー』主題歌
  13. リバーシブルー [3:35]
  14. バンド [6:41]
    • 尾崎世界観がバンドに対する思いをつづった楽曲[1]

初回盤DVD[編集]

  1. 短編映画「ゆーことぴあ」[22:27]
  2. 鬼(ミュージックビデオ)[3:36]
  3. メイキング映像「ゆーことぴあ」「鬼」[8:39]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “クリープハイプ、14曲の“世界観”が堪能できる全曲トレイラー”. 音楽ナタリー. (2016年8月30日). http://natalie.mu/music/news/199993 
  2. ^ “今、改めて「バンド」を歌う。クリープハイプの最高傑作『世界観』”. /entertainment station. (2016年9月7日). http://entertainmentstation.jp/38932/ 
  3. ^ “クリープハイプ、ドラマ主題歌“鬼”MVにマイヘア・椎木登場! 尾崎の初小説も映像化”. /Ro69. (2016年7月22日). https://rockinon.com/news/detail/146041 

外部リンク[編集]