三宅八幡宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三宅八幡宮
Miyake Hachiman-gu haiden.jpg
所在地 京都府京都市左京区上高野三宅町22
位置 北緯35度4分6.08秒
東経135度47分38.76秒
座標: 北緯35度4分6.08秒 東経135度47分38.76秒
主祭神 応神天皇
社格 村社(近代社格制度)
創建 (伝)飛鳥時代
別名 虫八幡
例祭 9月 14・15・16日 秋の大祭(三宅八幡放生会
地図
三宅八幡宮の位置(京都市内)
三宅八幡宮
三宅八幡宮
テンプレートを表示

三宅八幡宮(みやけはちまんぐう)は、京都府京都市左京区上高野三宅町にある神社である。御利益は子供の守り神としてかんの虫封じ、夜泣き、安産、学業成就の他、虫退治の神として害虫駆除にも効果があるとされ、別名「虫八幡」とも呼ばれる[1]。近年かんの虫退治の信仰の広がりを物語る大量の大絵馬が見つかり、民俗文化の貴重な資料として、国の重要有形民俗文化財に指定されている。

本殿の南側の入口には神の使いとして狛犬ならぬ狛鳩が置いてあることでも知られ、境内にはが多く大切に扱われている。

沿革[編集]

社伝によれば、推古天皇の時代、遣隋使としてに赴いた小野妹子が、筑紫(九州の北部)で病気になったが、宇佐八幡宮に祈願するとたちまち病気が治り無事帰国することが出来た為、からの帰国後に、宇佐八幡宮を勧請し建立したのが始まりとされる[2]

報恩の意味を込めて自らの所領である山城国愛宕郡小野郷と呼ばれるこの地に勧請したが、造営当初は伊太多神社(大正4年に崇道神社に合祀され、現在は崇道神社の末社となっている)の境内にある末社の一つとして建てられ、[2]今の位置より南にあったとされる。

その後この神社は、愛宕郡岩倉の地に移り住んでいた、後鳥羽上皇の第四皇子頼仁親王の血を継ぐ南朝の忠臣である児島高徳(生没年不詳。別名 備後三郎三宅高徳)が八幡大神を尊崇したことから、いつしか「三宅八幡宮」と呼ぶようになったという。

ちなみに三宅の名の由来は、大化の改新前の大和朝廷の直轄地である屯倉が置かれたからであるともされている。[2]

応仁の乱で戦災により全焼したが数十年後に近隣住民の手で復旧され、1869年明治2年[3])に拝殿、1887年明治20年)に本殿が復旧した。

1897年(明治30年)に神楽殿が建造された[4]

また皇室とのゆかりも深く、明治天皇が幼少のころに重い病を患い、この神社に祈祷を命じた。その甲斐があり天皇の病が治ったといわれている。

文化財[編集]

重要有形民俗文化財[編集]

  • 三宅八幡神社奉納子育て祈願絵馬 133点
    • 幕末から明治末にかけて三宅八幡神社には京都以外からも広く参拝があり、大絵馬が沢山奉納されている。それぞれの絵馬には参拝する大勢の大人と子供が描かれており、一人ひとりの絵に名前が墨書きされているものも多い。三宅八幡宮は子供の疳の虫が収まるご利益があるといわれている神社であり、奉納絵馬は子供の健やかな育成を願うものが多い。当時の参拝の様子が伺える資料としても貴重なため、平成13年、祈願絵馬133枚が京都市有形民族文化財に指定された[5][6]

周辺[編集]

境内[編集]

  • 三宅八幡茶屋
    • 鳩餅-三宅八幡宮の参道にある狛鳩をモデルにして、鳩の形をしている餅が販売されている。この餅は白砂糖、抹茶、肉桂の三種類用意されている[7]
  • 水車小屋「村の水車」-昭和62年に上高野稲荷町にあった水車を修理、移築された。小屋の中には、実際に使われてきた石臼が2つが置かれている。水車の直径は約2.5mである[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『京都、街歩きガイド。』 2015, p. 18.
  2. ^ a b c 昭和京都名所図会3洛北. 駸々堂出版. (1982.11.20). p. 91. 
  3. ^ 明治5年まで太陰暦のため、1869年または1870年
  4. ^ 修学院史誌 明治百年記念. 修学院各種団体連絡会. (1968.9.20). p. 35-36. 
  5. ^ 「洛北上高野八幡さんの絵馬」編集委員会, ed (2005年3月31日). 洛北上高野 八幡さんの絵馬. 三宅八幡宮絵馬保存会. p. 49. 
  6. ^ 京都市指定・登録文化財-有形民俗文化財(左京区)”. 京都市役所. 2019年6月29日閲覧。
  7. ^ 和菓子の辞典. 東京堂出版. (1983). p. 283. 
  8. ^ 上高野子ども風土記. 京都市立上高野小学校. (2006). p. 73. 

参考文献[編集]

  • 三宅八幡宮公式 由来・沿革
  • マガジンハウス編『京都、街歩きガイド。』マガジンハウス〈マガジンハウスムック〉、2015年。ISBN 978-4-8387-5036-8

外部リンク[編集]