三光稲荷神社 (犬山市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三光稲荷神社
Sankoinari jinja sandou.JPG
所在地 愛知県犬山市北古券65-18
位置 北緯35度23分12.82秒
東経136度56分20.87秒
座標: 北緯35度23分12.82秒 東経136度56分20.87秒
主祭神 宇迦御魂大神猿田彦大神、大宮女大神
社格 旧・村社
創建 不詳
テンプレートを表示
社殿

三光稲荷神社(さんこういなりじんじゃ)は、愛知県犬山市にある神社である。針綱神社犬山神社と同じく、犬山城の南の登城入り口近くにある。

概略[編集]

  • 創建時期は不明。かつては三狐山(三光山)[1]に鎮座し、犬山城主織田信康の保護を受けていたという[2]江戸時代以降、犬山城主成瀬氏の守護神とされる。神仏習合で三光寺とも称していたが、明治時代初期の神仏分離により三光稲荷神社となる。
  • 1964年(昭和39年)、現在地(針綱神社西)に移転する。
  • 猿田彦大神を祀る猿田彦神社は犬山猿田彦神社ともいい、三光稲荷神社の境内社であるが、独立した存在である。社務所でも三光稲荷神社と猿田彦神社を併記している。

祭神[編集]

交通機関[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 犬山城の南西にある丘陵。現・丸の内緑地公園付近。
  2. ^ 創建年は1586年天正14年)という説があるが、織田信康の没後となり矛盾がある。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、三光稲荷神社 (犬山市)に関するカテゴリがあります。