三上洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みかみ よう
三上 洋
生誕 1965年
日本の旗 日本 東京都世田谷区
出身校 東洋大学社会学部卒業
職業 ITジャーナリストライター
公式サイト ライター三上洋事務所

三上 洋(みかみ よう、1965年[1] - )は、日本のITジャーナリストライター。専門分野はセキュリティーと携帯電話料金。

来歴[編集]

東京都立戸山高等学校東洋大学社会学部卒業[1]テレビ東京系の製作会社・日経映像を経て、フリーライターとなる[2]。「ラジオの製作」「ラジオライフ」などの無線関連のほか、「SPA!」「iモードスタイル」などでインターネット関連の活用記事を書いていた[2]。ネット事件、セキュリティ、スマートフォン、携帯電話料金などを専門ジャンルとしている[1]。インターネットの動画生放送・Ustreamで番組「UstToday」の制作配信、Ustream・ニコニコ生放送TwitCastingなどのライブ配信請負、企業活用の支援やプロデュースなども手掛ける[1]

主張・活動[編集]

  • パスワードを定期的に変更するかどうかの問題について「パスワードを変える行為はダメ、非常に意味のないやり方です」と断言している[3]
  • 2006年に起きた堀江メール問題について、メールヘッダーの検証から堀江貴文からのメールではないと分析。「真相報道 バンキシャ!」などで大きく取り上げられた[4]
  • YOMIURI ONLINE上で「サイバー護身術」という一般向けセキュリティ記事を執筆。人によるセキュリティ対策は限界があると述べている[5]。企業のセキュリティ対策の甘さへの批判も多い[6]
  • スマートフォンの料金について「携帯電話会社のLTEプランは割高。事実上の値上げだ」として批判している[7]

著書[編集]

連載[編集]

出演[編集]

テレビ
ラジオ

ウェブテレビ[編集]

  • AbemaPrime(2016年 - 、AbemaTV)アベプラのIT番長として不定期出演
  • AbemaTV×Twitter特番!平成から令和へ 25時間テレビ(2019年4月30日 - 5月1日)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 三上洋. “プロフィール&仕事実績” (日本語). ITジャーナリスト三上洋事務所. 2016年7月18日閲覧。
  2. ^ a b 三上洋. “昔の仕事” (日本語). ITジャーナリスト三上洋事務所. 2016年7月18日閲覧。
  3. ^ 三上洋/矢崎飛鳥 (2014年10月25日). “LINEからFacebookまで、セキュリティのプロがSNS乗っ取りの手口を明かす” (日本語). 週刊アスキー. KADOKAWA. 2016年7月18日閲覧。
  4. ^ 三上洋 (2006年2月27日). “堀江メールまとめ:第三者からの転送は確実。イタズラか?” (日本語). ITジャーナリスト三上洋事務所. 2016年7月18日閲覧。
  5. ^ a b 三上洋. “サイバー護身術” (日本語). YOMIURI ONLINE. 読売新聞東京本社. 2016年7月18日閲覧。
  6. ^ a b 三上洋/まかふぃーぶ. “時事セキュリティが5分でわかる” (日本語). 週刊アスキー. KADOKAWA. 2016年7月18日閲覧。
  7. ^ 昌谷大介/武松佑季 (2013年4月23日). “スマホのLTEプランに隠された高額通話料のワナ” (日本語). 週プレNEWS. 集英社. 2016年7月18日閲覧。
  8. ^ 三上洋. “三上洋の「ケータイ料金クリニック」” (日本語). 日経トレンディネット. 日経BP. 2016年7月18日閲覧。

外部リンク[編集]