ヴィヨンの妻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヴィヨンの妻』(ヴィヨンのつま)は、太宰治短編小説

概要[編集]

初出 展望』1947年3月号
単行本 『ヴィヨンの妻』(筑摩書房、1947年8月5日)[1]
執筆時期 1946年12月下旬~1947年1月15日頃[2]
原稿用紙 57枚

第2章は太宰の口述を小山清が筆記したものである。残存する本作品の原稿はすべて太宰の筆跡になっているが、これはあとから書き直したものと推測される[2]

あらすじ[編集]

詩人·大谷は外を飲み歩き何日も家に帰らないことが多く借金を重ね、その妻である「私」(さっちゃん)と幼い子供に貧乏暮らしをさせていた。

ある時、大谷は入り浸っている小料理屋の金を勝手に持ち出して店の主人や女将さんと悶着を起こす。翌日、私は何の当てもないまま私は小料理屋に出向き、金を返す用意ができすぐにそれが届けられるはずなのでそれまで店の手伝いをさせてもらいたいと申し出る。一方、逃げていた大谷はバーで豪遊していたところを問いただされ、その日の夜に小料理屋に金を返しにくる。

それからも私は大谷のその他の借金を返すためだということで小料理屋で働き続け、大谷は相変わらず店に顔を出しつづけ、私は幸せを感じるようになる。それとともに店の客をはじめ世の中の人はみんな後ろ暗いものを抱えながら生きているのではないかと思い至った。

後のまたある日、新聞紙上で大谷を「人非人」と評する記事があった。それを読んだ大谷は、小料理屋の金を盗んだのは本当は家族にいい正月を迎えさせるためのことだったと嘯き、私は人非人であってもなくてもただ生きていられればいいと応えた。

派生作品[編集]

映像

  • 『ふたりは夫婦』(フジテレビ系列)の中で放送された。放送日は1974年12月23日[3]

朗読

  • 新潮カセットブック『ヴィヨンの妻』(新潮社、1987年12月15日)が発売されている。朗読は幸田弘子
  • 朗読カセット『太宰治作品集 全10巻――文芸カセット 日本近代文学シリーズ』(岩波書店、1988年6月6日)に本作品が収録されている。朗読は岸田今日子[4]
  • 新潮CD『ヴィヨンの妻』(新潮社、2009年9月28日)が発売されている。朗読は伊武雅刀[5]

備考[編集]

  • 大谷が雑誌に書いた論文のテーマが15世紀のフランスの詩人フランソワ・ヴィヨン。放蕩詩人という点で大谷と共通することから、大谷の妻のことを「ヴィヨンの妻」に喩えたと類推され、これがタイトルの由来となっている。
  • 太宰は1940年にヴィヨンの詩を引用した短編「乞食学生」を書いている。

脚注[編集]

  1. ^ 作品集『ヴィヨンの妻』の収録作品は以下のとおり。「トカトントン」「男女同権」「親友交歓」「メリイクリスマス」「父」「母」「ヴィヨンの妻」。
  2. ^ a b 『太宰治全集 第8巻』筑摩書房、1990年8月25日、426-427頁。解題(山内祥史)より。
  3. ^ ふたりは夫婦(第12回)ヴィヨンの妻 テレビドラマデータベース
  4. ^ 岩波書店 | 太宰治作品集 文芸カセット 日本近代文学シリーズ
  5. ^ 太宰治 伊武雅刀『ヴィヨンの妻』|新潮社

外部リンク[編集]

フジテレビ 百万人の劇場
前番組 番組名 次番組
ヴィヨンの妻