ヴィクター・ブルワー=リットン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第2代リットン伯爵
ヴィクター・ブルワー=リットン
Victor Bulwer-Lytton, 2nd Earl of Lytton
Lord Lytton 2nd.jpg
2代リットン伯
生年月日 1876年8月9日
出生地 イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国シムラー
没年月日 1947年10月25日 (満71歳没)
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
称号 第2代リットン伯爵、第2代ネブワース子爵、第3代リットン男爵、第3代準男爵、ガーター勲章ナイト(KG)、インドの星勲章ナイト・グランド・コマンダー(GCSI)、インド帝国勲章ナイト・グランド・コマンダー(GCIE)、枢密顧問官(PC)、州副知事(DL)
配偶者 パメラ・チチェリー=プロードン
親族 初代リットン男爵 (祖父)
初代リットン伯爵 (父)
第2代バルフォア伯爵 (義兄)
テンプレートを表示

第2代リットン伯爵ヴィクター・アレグザンダー・ジョージ・ロバート・ブルワー=リットン: Victor Alexander George Robert Bulwer-Lytton, 2nd Earl of Lytton, KG, GCSI, GCIE, PC, DL1876年8月9日 - 1947年10月25日)は、イギリスの政治家、貴族。

1925年から1926年にかけてインド総督代理を務めた。日本では、満州事変の調査のため国際連盟が派遣したリットン調査団の団長を務めた「リットン卿」として知られる。

経歴[編集]

1876年8月9日、第2代リットン男爵ロバート・ブルワー=リットン(後の初代リットン伯爵)とその妻エディス・ヴィリアーズ(初代クラレンドン伯爵トマス・ヴィリアーズの孫エドワード・ヴィリアーズの娘)の三男として生まれた。生誕時、兄二人はすでに早世していたため嫡男としての出生だった[1][2]

当時父はインド総督副王)(1876年 - 1880年)を務めており、その在任中だったため、イギリス領インド帝国シムラーで生まれた。なお、父はインド総督退任後の1880年に初代リットン伯爵に叙せられている[2]

イートン・カレッジを経てケンブリッジ大学トリニティ・カレッジを卒業した[3]

1891年11月に父の死により爵位を継承[1][2]

海軍本部でキャリアを積んだ後、インド省政務次官英語版1920年-1922年)、ベンガル総督(1922年 - 1927年)、インド総督代理(1925年-1926年)などを歴任。1927年から1928年にかけては国際連盟インド代表団の団長、1931年にはイギリス代表団の団長を務めた[1][2]

1932年には国際連盟よりリットン調査団の団長として満州に派遣され、日本満州進出に関する調査を行った。満州が中国主権下の自治国家でありながら日本の管理下に置かれているとするリットン報告書をまとめ、この報告書が1933年2月24日に国際連盟で採択された結果、日本はこれに抗議して1か月後に国際連盟を脱退することになった[4]

1933年にガーター勲章を受勲[5]

1947年10月25日に死去。リットン伯には男子が2人あったが、長男アンソニー英語版は、1933年に航空機事故で死亡しており[6]、次男アレクサンダーも第二次世界大戦中の1943年北アフリカ戦線エル・アラメインの戦いで戦死した[7]。どちらも子供を残さずの死であったため、直系子孫に爵位を継がせることはできず、爵位は弟のネヴィルが継承した[2]

栄典[編集]

爵位/準男爵位[編集]

1891年11月24日の父ロバート・ブルワー=リットンの死去により以下の爵位を継承[1][2]

勲章[編集]

ガーター騎士団員の正装をしたリットン伯を描いた肖像画

その他[編集]

家族[編集]

1902年4月3日にパメラ・チチェリー=プロードン(Pamela Chichele-Plowden、1874-1971)と結婚。彼女との間に以下の二男二女を儲けた[1][2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i Lundy, Darryl. “Victor Alexander George Robert Bulwer-Lytton, 2nd Earl of Lytton” (英語). thepeerage.com. 2019年7月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k Heraldic Media Limited. “Lytton, Earl of (UK, 1880)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2019年7月1日閲覧。
  3. ^ "Bulwer-Lytton, Victor Alexander George Robert, Earl of Lytton. (BLWR895VA)". A Cambridge Alumni Database (in English). University of Cambridge.
  4. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 438.
  5. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 33946. p. 3801. 1933年6月2日。2013年9月15日閲覧。
  6. ^ Lundy, Darryl. “Edward Antony James Bulwer-Lytton, Viscount Knebworth” (英語). thepeerage.com. 2019年7月1日閲覧。
  7. ^ Lundy, Darryl. “Alexander Edward John Bulwer-Lytton, Viscount Knebworth” (英語). thepeerage.com. 2019年7月1日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

官職
先代:
初代レディング伯爵
イギリス領インド帝国の旗 インド副王兼総督代理
1925年1926年
次代:
初代アーウィン男爵
イギリスの爵位
先代:
ロバート・ブルワー=リットン
第2代リットン伯爵
1891年1947年
次代:
ネヴィル・ブルワー=リットン