ワンダフルワールドエンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワンダフルワールドエンド
Wonderful World End
監督 松居大悟
脚本 松居大悟
製作 片平学
林武志
出演者 橋本愛
蒼波純
稲葉友
利重剛
町田マリー
大森靖子
音楽 大森靖子
直枝政広(音楽プロデューサー)
主題歌 大森靖子「呪いは水色」
撮影 塩谷大樹
編集 松居大悟
製作会社 avex music creative inc.(現:エイベックス・エンタテインメント
配給 SPOTTED PRODUCTIONS
公開 日本の旗 2015年1月17日
上映時間 82分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ワンダフルワールドエンド』は、2015年1月17日に公開された日本映画。監督は松居大悟橋本愛蒼波純のダブル主演[1]。シンガーソングライター・大森靖子の「ミッドナイト清純異性交遊」などのミュージック・ビデオ制作と同時に長編映画として制作された[1]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

〈〉内は設定年齢。

早野詩織〈17〉
演 - 橋本愛
撮影会などでモデルをしているが、なかなか芽が出ず、自分なりに自撮りやツイキャスで自分を売り込んでいる。大森靖子が好き。浩平と付き合っている。ゴスロリ服を衣装としている。
木下亜弓〈13〉
演 - 蒼波純
詩織に憧れてゴスロリ服を着て、詩織の撮影会に行き、詩織と繋がっていく。
川島浩平
演 - 稲葉友
詩織の彼氏。
月山卓巳
演 - 利重剛
詩織の事務所の社長。
木下祥子
演 - 町田マリー
亜弓の母親。
大森靖子(本人)
演 - 大森靖子
詩織が好きなシンガーソングライター。

製作[編集]

本作品は2013年12月に発表された大森の楽曲「ミッドナイト清純異性交遊」「君と映画」(アルバム『絶対少女』収録)のミュージックビデオを再構築した作品であり[2]、これらの撮影と同時に制作され、追加エピソードなどを加え約84分の長編映画とした[1](上映サイズは82分)。映画には大森自身も出演する。

主演の橋本愛は大森の大ファンであることを公言しており、もう一人の主演である蒼波は大森が絶賛するアイドルとしてキャスティングされた[3]。監督の松居は、橋本についてはそれまでの「ツンとして、頭のいい感じ」のイメージを覆すかわいらしさを描きたいと、ゴスロリ姿や自撮をする姿などをおさめ、蒼波についてはキャスティング当時小学6年生であったあどけなさを切り取ろうとしていたという[2]

作中では、iPhoneツイキャスによる映像配信といったデジタルコミュニケーションツールが重要なモチーフとして登場する[4]

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本・編集 - 松居大悟
  • 音楽・劇中歌・主題歌 - 大森靖子avex trax
  • 音楽プロデューサー - 直枝政広
  • 撮影 - 塩谷大樹
  • 照明 - 横掘和宏
  • 録音 - 戸谷貴臣
  • 衣装 - 纐纈春樹
  • 美術 - 片平圭衣子
  • メイク - 感謝(驚)
  • スチール - 二宮ユーキ、金子山
  • プロデューサー - 片平学、林武志
  • 製作 - avex music creative inc.(現:エイベックス・エンタテインメント)
  • 制作プロダクション - CONNECTS LLC
  • 配給・宣伝 - SPOTTED PRODUCTIONS

封切り・プロモーション[編集]

2014年10月23日、パルコのカルチャーイベント「シブカル祭2014」において、シネクイントにてワールドプレミア上映された[5][6]。同年11月23日にはTAMA CINEMA FORUM第24回映画祭にて先行上映され、トークイベントが開催された[7]

その後、2015年1月17日より、新宿武蔵野館を皮切りに日本全国で順次上映された。

同年開催の第65回ベルリン国際映画祭では、同映画祭の中でも未成年が鑑賞でき、14歳 - 17歳の審査員により評価されるジェネレーション14プラス部門で上映され、ティーンエイジャーを中心とする観客に好評を得て、約1100席の上映会場はほぼ満席となった[8][9]。ベルリン出品に至るまでには監督である松居自身の積極的な売り込みがあり、前年の秋に東京に訪れていた関係者らをホテルのロビーで待ち伏せ、自分で英語字幕を入れたDVDを片っ端から配ったという[9]。この努力が実り、同部門への招待を得た[9]

評価[編集]

上述の第65回ベルリン国際映画祭では、LGBT関連作対象のテディ賞に入賞した[10](本賞は受賞していない)。

監督の松居は本作で第7回TAMA映画賞最優秀新進監督賞を受賞した(『私たちのハァハァ』と合わせて)[11]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 橋本愛と蒼波純がW主演、大森靖子×松居大悟監督の映画『ワンダフルワールドエンド』”. CINRA.NET (2014年8月25日). 2015年2月19日閲覧。
  2. ^ a b 橋本愛主演「ワンダフルワールドエンド」ベルリン映画祭ジェネレーション部門に出品決定”. 映画.com (2015年1月17日). 2015年2月21日閲覧。
  3. ^ 大森靖子のPVで橋本愛&蒼波純が熱演、監督は松居大悟”. ナタリー (2013年12月20日). 2015年2月21日閲覧。
  4. ^ 橋本愛 × 蒼波純 インタビュー”. ツイナビ. 2015年2月21日閲覧。
  5. ^ 成馬零一 (2014年11月1日). “大森靖子の世界観はどう映画化された? 橋本愛&蒼波純主演『ワンダフルワールドエンド』を観る”. リアルサウンド. サイゾー. 2015年2月19日閲覧。
  6. ^ 映画『ワンダフルワールドエンド』のワールドプレミア上映!”. パルコ. 2015年2月19日閲覧。
  7. ^ ワールドエンドの少女たち”. TAMA CINEMA FORUM (2014年). 2015年2月21日閲覧。
  8. ^ 山口ゆかり (2015年2月16日). “ベルリン映画祭で観客から「アイチャン」の声!橋本愛主演『ワンダフルワールドエンド』【第65回ベルリン国際映画祭】”. シネマトゥデイ. 2015年2月19日閲覧。
  9. ^ a b c 宮崎晃 (2015年2月12日). “ベルリンの観客から極上の反応 松居大悟監督『ワンダフルワールドエンド』”. 47NEWS. 共同通信社. 2015年2月19日閲覧。
  10. ^ 松居大悟 ‏@daradaradayo 9:25 - 2015年2月14日、2015年2月21日閲覧。
  11. ^ 第7回TAMA映画賞”. 第25回映画祭TAMA CINEMA FORUM. TAMA CINEMA FORUM (2015年). 2015年11月21日閲覧。

外部リンク[編集]