ローナン・オガーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ローナン・オガーラ Rugby union pictogram.svg
基本情報
フルネーム Ronan John Ross O'Gara
生年月日 (1977-03-07) 1977年3月7日(41歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国サンディエゴ
身長 1.83 m (6 ft 0 in)
体重 83 kg (13 st 1 lb)
学校 University College Cork
選手情報
ポジション フライハーフ
クラブ
チーム 出場 得点
1997-2013 マンスター 240 (2625)
国代表
チーム 出場 得点
2000-13
2001,2005,2009
アイルランド
ライオンズ
128
2
(1083)
(0)
■テンプレート

ローナン・オガーラ(Ronan John Ross O'Gara 1977年3月7日 -)は、アイルランドの元ラグビーユニオンの選手である。

略歴[編集]

1997年からアイルランドのマンスターに所属。コナート戦でデビューを果たす。

ラグビーワールドカップ1999のトレーニングスコッドに選ばれるが、ヘッドコーチのウォーレン・ガットランドは最終的な代表メンバーに選ばなかった。

2000年、スコットランド戦で、代表デビュー。 マンスターでは、ハイネケンカップでチームを決勝に導く。決勝の対ノーサンプトン・セインツ戦ではプレースキックが4本中1本も入らないという不調で8-9で敗戦。準優勝に終わる。

2001年にはライオンズに選出。ワラターズ戦、ブランビーズ戦などに出場。ワラターズ戦ではワラターズのFB、マクレーに顔面を殴打され目の周りを縫う大ケガを負った。 また、この試合の後、ライオンズのヘッドコーチ、グラハム・ヘンリーは"a bad day for rugby"とコメントした。

2002年、ランズダウン・ロードでのワラビーズ戦で、全18得点を奪い、18-9の勝利に大きく貢献した。 マンスターでは2度目のハイネケンカップ決勝に導くが、今度はレスター・タイガースに9-15で敗れ、またも栄冠を逃した。 2001-02シーズンから始まったケルティックリーグではチームを準優勝に導く。

2003年、オガーラはNFLマイアミ・ドルフィンズから入団の誘いを受けるが、これを断っている。また、2002-03シーズンのケルティックリーグではチームを優勝に導いた。更に2002-03シーズンのハイネケンカップではプールステージ敗退も危ぶまれたが、4トライ以上27点差以上の勝利が準々決勝進出に必要だったグロスター戦で33-6で勝利しノックアウトステージに進出し、「ミラクル・マッチ」と呼ばれている。だが、準決勝でその年優勝のトゥールーズに敗れた。 この年のラグビーワールドカップ2003のメンバーに選ばれたオガーラはルーマニア戦(控え,1C)、ナミビア戦(先発,7C)、アルゼンチン戦(控え,2P)、オーストラリア戦(先発,1C2P)、フランス戦(先発,無得点)の全5試合にフライハーフで出場し、9C4Pの30得点を挙げた。

記録[編集]