ロバート・ボイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・ボイル
Robert Boyle (1627–91)
人物情報
生誕 1627年1月25日
アイルランド王国 ウォーターフォード州 リズモア英語版
死没 1691年12月31日(64歳)
イングランド王国の旗 イングランド王国 ロンドン
学問
研究分野 物理学化学
主な業績 ボイルの法則、近代化学の創始者
影響を
受けた人物
ガリレオ・ガリレイオットー・フォン・ゲーリケフランシス・ベーコン
テンプレートを表示

ロバート・ボイルRobert Boyle1627年1月25日 - 1691年12月30日)はアイルランドリズモア英語版出身の貴族、自然哲学者、化学者物理学者発明家神学に関する著書もある。ロンドン王立協会フェロー[1]ボイルの法則で知られている[2]。彼の研究は錬金術の伝統を根幹としているが、近代化学の祖とされることが多い。特に著書『懐疑的化学者』 ( The Sceptical Chymist) は化学という分野の基礎を築いたとされている。

生い立ち[編集]

両親が祀られている聖パトリック大聖堂にあるロバート・ボイルを表していると見られる少年像

アイルランド、ウォーターフォード州リズモアに生まれる。父は初代コーク伯リチャード・ボイルで、その7番目の息子、14番目の子である。リチャード・ボイルは1588年にアイルランドに赴き、復帰地副管理官となり、ロバートが生まれたころには大地主になっていた。

兄たちと同様、幼いころに現地の一家に里子に出された[3]。その結果ボイル家の子らは4年ほどで十分にアイルランド語を理解し、通訳ができるようになった[4]。ロバートはラテン語、ギリシャ語、フランス語を学び、8歳のときに母が亡くなると、イングランドのイートン・カレッジに送られた。当時、父の友人 Henry Wotton が校長を務めていた。

イートン・カレッジでは、父が家庭教師 Robert Carew を雇い、息子たちの教育を任せた。しかし、ロバートはあまり家庭教師の言うことを聞かなかった[4]。イートンで3年間を過ごした後、ロバートはフランス人家庭教師と共に海外旅行に出た。1641年にはイタリアを訪れ、その年の冬はフィレンツェで過ごし、ガリレオ・ガリレイに師事した(ガリレオは1642年没)。

経歴[編集]

オックスフォードにあるボイルとフックが実験を行った場所を示す記念銘板

1644年、大陸ヨーロッパからイングランドに戻ったボイルは、科学的研究に強い関心を持つようになっていた[5]。父はその前年に亡くなり、イングランドはドーセットのスタルブリッジにある荘園とアイルランドはリムリック州の広大な地所を相続した。後者は父がクロムウェルのアイルランド侵略に乗じて取得した土地である。それ以降ボイルは科学的研究に生涯を捧げるようになり、後の王立協会の母体となった科学者集団 "Invisible College" の一員となった。彼らはロンドンのグレシャム・カレッジで頻繁に会合を開き、一部はオックスフォードでも会合を開いた。

1647年に初めてアイルランドに所有する土地を訪れ、1652年にアイルランドに移住したが、田舎ではなかなか研究が進まずイライラするようになった。ある手紙でアイルランドについて「野蛮な国で、化学について誤解されているし、化学用の器具もなかなか入手できない。錬金術には不向きな土地だ」と記している[6]。1654年、アイルランドを後にしてオックスフォードに移り住むことにした。

1657年、オットー・フォン・ゲーリケの空気ポンプについて目にし、ロバート・フックを助手として自ら空気ポンプの製作を始めた。1659年に "machina Boyleana" と名付けた空気ポンプを完成させ、一連の空気についての実験を始めた[2]オックスフォード大学ユニバーシティ・カレッジには19世紀初めまで Cross Hall が建っていたことを示す碑文がある。当時ボイルはそのホールの一角を借りていた。

空気ポンプを使った研究成果を New Experiments Physico-Mechanicall, Touching the Spring of the Air, and its Effects... と題して1660年に出版。この本に対して批判的な者の中にイエズス会士の Francis Line (1595–1675) がおり、Line の批判に反論する形で「気体の体積は圧力と反比例する」というボイルの法則に初めて言及することになった。

ただし、この法則(仮説)を最初に定式化したのは Henry Power で1661年のことである。ボイルは Power の書いた論文も引用しているが、誤ってその作者を Richard Towneley だとしていた。ヨーロッパ大陸ではこの法則を定式化したのはエドム・マリオットだとされることがあるが、彼がそれを発表したのは1676年のことで、その時点までにはボイルの業績を知っていたと見られている[7]。1663年、チャールズ2世の許可を得て "Invisible College" から王立協会が発足した。ボイルも設立協議会の一員だった。1680年、ボイルは王立協会会長に選ばれたが、就任の際の誓いの内容にためらいを覚え、会長職を辞退している。

ボイルは、「延命法」、「飛行技法」、「永久照明」、「鎧を極めて軽く硬くする技法」、「どんな風でも沈まない帆船」、「経度を確認する確実な方法」、「想像力や記憶などの能力を高める薬や苦痛を和らげる薬や悪夢を見ない安らかな眠りをもたらす薬」といった24の「発明したいものの一覧」を作った。この一覧に挙げられた発明は後にそのほとんどが実現しているという点で注目に値する[8]

ボイルはオックスフォード時代にナイト (Chevalier) となっていた。Chevalier はその数年前に王室政令によって制定されたと見られている。ボイルがオックスフォードにいたころは清教徒革命の後半にあたるが、Chevalier となったボイルがどういう役割を果たしたのかはよくわかっていない。

1668年、ボイルはオックスフォードからロンドンに移り、姉妹の Lady Ranelagh の家に身を寄せた。

晩年[編集]

1689年、もともと身体が丈夫ではなかったボイルの健康はめっきり衰え、王立協会での活動も控えるようになり、火急の用事がない限り来客は火曜と金曜の午前と水曜と土曜の午後だけに限るとした。そして、1691年12月31日、何らかの疾病による麻痺が原因で死去。St Martin in the Fields に埋葬された。

科学的探究[編集]

ボイルの空気ポンプ
ボイルの永久機関サイフォンの原理を利用している[9]。ただし実現は不可能である。

科学者としてのボイルは、フランシス・ベーコンが『ノヴム・オルガヌム』で採用した原則に忠実だった。ただしボイル自身はベーコンも含めて先人の影響を認めていなかった。先入観を持たずに実験結果を判断するために同時代の哲学理論に影響されないようにしたと何度か語っており、原子論ルネ・デカルトの原子論への反論についても研究を控え、『ノヴム・オルガヌム』自体についても希に一時的に参照するに留めた。彼の気質にとって仮説の構築ほど相容れないものはなかった。彼は知識の獲得を最終目的と見なしていて、結果として何世紀もの間の先人たちよりも幅広い科学的探究の目的についての展望を得た。ただし、これは彼が科学の実用化に全く注意を払わなかったとか、実用化のための知識を軽んじたというわけではない。

ボイルは錬金術師だった。金属を変質させる可能性を信じており、そのための実験も行っている。また、ヘンリー4世が制定した錬金術によってを増やそうとする行為を禁じた法律を1689年に廃止するにあたって、重要な役割を演じた。彼の物理学における重要な業績として、ボイルの法則の発表、の伝播に空気が果たしている役割の解明、水が凍結する際の膨張力の研究、比重屈折の研究、結晶の研究、電気の研究、の研究、流体静力学の研究がある。化学も好んで研究した。最初の著作の題名は The Sceptical Chymist(懐疑的化学者、1661年)だが、その中で硫黄水銀が真の道理だと示すための似非錬金術師の行う実験を批判している。彼にとって化学は錬金術師や医師の技法への単なる付加物ではなく、物質の構成を探究する科学だった。彼は物質の基本構成要素として元素の存在を認め、混合物化合物を区別した。物質の成分を検出する技法について様々な進歩をもたらし、そういったプロセスを "analysis"(分析)と名付けた。さらに彼は元素が様々な微粒子で構成されていると考えたが、それを確認する技術は当時存在しなかった。また、燃焼呼吸を化学的に研究し、生理学的実験も行ったが、優しい性格だったため解剖にまでは踏み込めなかった。

神学への関心[編集]

自然哲学者としての一面とは別に、ボイルは神学についても時間を割いた。ただし論争には無関心だった。1660年の王政復古で彼は宮廷に好意的に迎えられ、1665年には国教会の聖職者になるという条件でイートン・カレッジの校長職を提示された。しかし、彼の宗教的著作は教会に雇われた聖職者であるよりも俗人であるからこそ意味があるとして、その申し出を断わった。

イギリス東インド会社の重役として、彼は東洋へのキリスト教布教に尽力し、宣教師への寄付や聖書の各種言語への翻訳に資金を提供した。当時のカトリック教会は聖書はラテン語だけという方針だったが、ボイルは各国の自国語で聖書が読めるようにすべきだという方針を支持していた。新約聖書アイルランド語版は1602年に出版されたが、ボイルの存命中はほとんど普及していない。1680年から1685年には、旧約および新約聖書のアイルランド語版の印刷に私財を投じている[10]。この点では、当時アイルランドを支配していたイングランド人はアイルランド人に英語の使用を強要しており、ボイルの態度とは異なる[11]

ボイルは遺言で遺産の一部を無神論理神論、異教などの不信心者からキリスト教を守るための一連のレクチャー (Boyle Lectures) を開催することに遺贈した。このときもキリスト教内の論争には言及していない[12]

主な業績[編集]

温度が一定の場合、気体体積圧力に反比例することを発見。この法則はボイルの法則と呼ばれる。のちにジャック・シャルルがこの法則を温度変化が生じた場合について一般化したボイル=シャルルの法則を発見した。

ゲーリケが発明した真空ポンプを改良。のちにラカーユがこれらの真空ポンプの発明と改良を記念してポンプ座を設定した。

1661年、さまざまな化学反応が微小な粒子の運動によって起こるとした方が、アリストテレスの4元素説(空気、水、土、火)よりも妥当であると提唱した。

著作[編集]

『懐疑的化学者』(The Sceptical Chymist, 1661) の表紙

オンラインで見られるボイルの著作

脚注・出典[編集]

  1. ^ Boyle; Robert (1627 - 1691)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。
  2. ^ a b Acott, Chris (1999). “The diving "Law-ers": A brief resume of their lives.”. South Pacific Underwater Medicine Society journal 29 (1). ISSN 0813-1988. OCLC 16986801. http://archive.rubicon-foundation.org/5990 2009年4月17日閲覧。. 
  3. ^ McCartney, Mark; Whitaker, Andrew (2003), Physicists of Ireland: Passion and Precision, London: Insitute of Physics Publishing 
  4. ^ a b Canny, Nicholas (1982), The Upstart Earl: a study of the social and mental world of Richard Boyle, Cambridge: Cambridge University Press, p. 127 
  5. ^ ロバート・ボイルの各種伝記を参照 [1], [2], [3], [4].
  6. ^ quoted in Silver, Brian. The Ascent of Science, p. 114. Oxford University Press US, 2000. ISBN 9780195134278
  7. ^ Brush, Stephen G. (2003). The Kinetic Theory of Gases: An Anthology of Classic Papers with Historical Commentary. History of Modern Physical Sciences Vol 1. Imperial College Press. ISBN 1860943489. 
  8. ^ Robert Boyle's prophetic scientific predictions from the 17th century go on display at the Royal Society
  9. ^ Arthur W. J. G. Ord-Hume (2006). Perpetual Motion: The History of an Obsession. Adventures Unlimited Press. ISBN 1931882517. http://books.google.com/?id=022yYXnS_GQC&pg=PA94&dq=boyle%27s-perpetual-motion-scheme. 
  10. ^ Baines Reed, Talbot (1887), A History of the Old English Letter Foundries, http://www.archive.org/details/ahistoryoldengl00reedgoog/ , pages 189-190. Also S.L. Greenslade (editor) (1963), The Cambridge History of the Bible: The West from the Reformation to the Present Day, pages 172-173.
  11. ^ Hastings, Adrian (1997), Cambridge: Cambridge University, p. 86 
  12. ^ The Boyle Lecture”. St. Marylebow Church. 2010年12月12日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]