レオちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レオちゃん
本名 田口幸宗レオ(たぐち ゆきのり レオ)
生年月日 (1976-08-18) 1976年8月18日(41歳)
出身地 ブラジルサンパウロ
血液型 A型
身長 186cm
芸風 漫談ショートコント
事務所 ノーリーズン
活動時期 1996年
過去の代表番組 とんねるずのみなさんのおかげでした博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜
エンタの天使
公式サイト 公式プロフィール

レオちゃん1976年8月18日 - )は、日本お笑いタレント。本名、田口 幸宗 レオ(たぐち ゆきのり レオ)。

ブラジルサンパウロ生まれ。ノーリーズン所属

身長186cm、血液型A型しし座生まれ。

略歴・人物[編集]

  • 2歳までサンパウロに住む。
  • かつての所属事務所はホリプロ『スーパー☆マンエンターテインメント』、後、ノーリーズンに所属。
  • ダイナマイト関西2008』で決勝進出。
  • R-1ぐらんぷり2012において、準決勝まで進出。
  • M-1グランプリ2010においては、同じ事務所所属のダイシと組んでのコンビ『レオちゃんダイちゃん』で出場。
  • 趣味、特技はマッサージ
  • 以前は眼鏡を掛けていなかったり、レンズが丸い形の眼鏡を掛けていたりしたこともあったが、最近ではサングラスアロハシャツ短パンという姿で出演することが多い。
  • ホリプロ時代はトリオ「反心DAN技」として活動。解散後は「オレ田口」という芸名で活動。2004年頃には永野いでけんじとともにトリオ「メタルゴッドスネーカーズ」として活動していた。

芸風[編集]

  • コントショートコント)が多く、朴訥とした口調であり得ないような設定のネタを演じることが主。締めの台詞には「それじゃレオちゃん、あっち(舞台への出入口)に行きます」などがある。

出演[編集]

テレビ[編集]

第9回(2006年9月28日)出場。『巨人の星』の「左門豊作と末の弟サブの特訓の趣旨の理解っぷり」を演じた。

外部リンク[編集]