ルッツ・ファンネンシュティール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルッツ・ファンネンシュティール Football pictogram.svg
Lutz Pfannenstiel.JPG
名前
ラテン文字 Lutz Pfannenstiel
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1973年5月12日(40歳)
出身地 ツヴィーゼル
身長 186cm
選手情報
ポジション GK
代表歴2
1986-1987 ドイツの旗 ドイツU-17[1] 5(0)
2. 2010年6月20日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ルッツ・ファンネンシュティール: Lutz Pfannenstiel1973年5月13日 - )は、ドイツサッカー選手、指導者[2]。選手としてのポジションはゴールキーパー

来歴[編集]

ファンネンシュティールはキャリアを通して世界中の25ものクラブに在籍している[3]。母国ドイツの他、イングランドニュージーランド[4]シンガポールアルメニアブラジル南アフリカフィンランドマレーシアマルタベルギーカナダナミビアノルウェーアルバニアでプレーした[5]2008年にブラジルのCAエルマン・アイシンジェルと契約した時、世界初の6大陸全てのクラブに在籍した選手となった[6][7]

近年は指導者としても活動し、2008年4月に同じくドイツ国籍のラインホルト・ファンツが指揮を執るキューバ代表のGKコーチに就任した[8]2009年4月にはノルウェーのマングレルド・スターにコーチ兼任で移籍し[9]、同年10月には監督兼任でナミビアのランブラーズFCに移籍した[10]。ランブラーズでの監督業の傍ら、ナミビア代表ゴールキーパーコーチも務めている[11]

2009年10月には自叙伝を発売し[12]2010 FIFAワールドカップでは第2ドイツテレビの解説者として活動している[13]

また、2009年よりグローバル・ゴール(Grobal Goal)というプロジェクトを立ち上げ、地球温暖化防止を訴えている。2010年12月には活動の一環として南極での試合を予定しているほか、アマゾンネパール、ナミビア、タンザニアなどでの試合を計画している[14][15]。このプロジェクトにはアウダイールブライアン・ラウドルップカルロス・バルデラマカフーベベットオーレ・グンナー・スールシャールなどのサッカー選手が協力している。

2011年限りで現役を引退し、同年からはTSG1899ホッフェンハイムのスカウトを務めている[16]

所属クラブ[編集]

在籍期間 クラブ 出場
1991-1993 1.FCバート・ケッツティング ドイツの旗 ドイツ 68
1994 ペナンFA マレーシアの旗 マレーシア 12
1994-1995 ウィンブルドンFC イングランドの旗 イングランド 0
1995 ハムルーン・スパルタンズFC(ローン) マルタの旗 マルタ 4
1995-1997 ノッティンガム・フォレストFC イングランドの旗 イングランド 0
1995 シント=トライデンVV(ローン) ベルギーの旗 ベルギー 4
1996 センバワン・レンジャーズFC(ローン) シンガポールの旗 シンガポール 22
1996-1997 オーランド・パイレーツFC(ローン) 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 7
1997 TPV フィンランドの旗 フィンランド 8
1997 FCハカ フィンランドの旗 フィンランド 0
1998-1999 SVヴァッカー・ブルクハウゼン ドイツの旗 ドイツ 14
1999-2000 ゲイラン・ユナイテッドFC シンガポールの旗 シンガポール 46
2001 ダニーデン・テクニカル ニュージーランドの旗 ニュージーランド 18
2001-2002 ブラッドフォード・パーク・アベニューAFC(ローン) イングランドの旗 イングランド 1
2001-2002 ハダースフィールド・タウンFC イングランドの旗 イングランド 0
2002 ダニーデン・テクニカル ニュージーランドの旗 ニュージーランド 18
2002-2003 ASVカーム(ローン) ドイツの旗 ドイツ 12
2002-2003 ブラッドフォード・パーク・アベニューAFC(ローン) イングランドの旗 イングランド 14
2003 ダニーデン・テクニカル ニュージーランドの旗 ニュージーランド 18
2003 ベルムSK(ローン) ノルウェーの旗 ノルウェー 13
2004 カルガリー・マスタングス カナダの旗 カナダ 28
2004-2006 オタゴ・ユナイテッド ニュージーランドの旗 ニュージーランド 36
2006-2007 KSヴラズニア・シュコダル アルバニアの旗 アルバニア 14
2007 FCベントニト・イジェヴァン アルメニアの旗 アルメニア 12
2007 ベルムSK ノルウェーの旗 ノルウェー 9
2007 バンクーバー・ホワイトキャップスFC カナダの旗 カナダ 4
2008 CAエルマン・アイシンジェル ブラジルの旗 ブラジル 12
2008 フレッケレイIL ノルウェーの旗 ノルウェー 14
2009 マングレルド・スター ノルウェーの旗 ノルウェー 11
2009-2011 ランブラーズFC ナミビアの旗 ナミビア 45

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Malaysia wirkte auf Pfannenstiel wie eine Droge” (ドイツ語). Die Welt (2009年9月26日). 2010年6月22日閲覧。
  2. ^ KEEPERsport Interview mit Torhüter Lutz Pfannenstiel” (ドイツ語). Keeperworld.blogspot.com (2009年4月15日). 2010年6月22日閲覧。
  3. ^ Pfannenstiel — globetrotting German goalie with 24 clubs”. AFP (2009年1月26日). 2010年6月22日閲覧。
  4. ^ Soccer: Have ball, will travel - and there's plenty of that for goalie”. The New Zealand Herald (2004年12月15日). 2010年6月22日閲覧。
  5. ^ Lutz Pfannenstiel, intercontinental (with photo)
  6. ^ Prost Amerika Interviews Lutz Pfannenstiel” (2007年10月8日). 2010年6月22日閲覧。
  7. ^ Lutz Pfannenstiel, gardien du monde” (フランス語). www.parlonsfoot.com (2009年1月23日). 2010年6月22日閲覧。
  8. ^ Keine Fluchtgefahr”. Der Tagesspiegel (2008年7月30日). 2010年6月22日閲覧。
  9. ^ La drôle d’histoire d’un gardien de but globe-trotter” (フランス語). Les Dessous du Sport (2009年1月20日). 2010年6月22日閲覧。
  10. ^ Globetrotter Pfannenstiel zieht es nach Afrika” (ドイツ語). Focus (2009年10月5日). 2010年6月22日閲覧。
  11. ^ Zurück in Afrika” (ドイツ語). www.lutz-pfannenstiel.de. 2010年6月22日閲覧。
  12. ^ Krull, Patrick (2009年9月27日). “Sagenhafte Abenteuer eines unhaltbaren Torwarts” (ドイツ語). Die Welt. 2010年6月22日閲覧。
  13. ^ Benninghoff, Dirk (2010年6月15日). “Noch mehr als die Tröte nervt das Gerede darüber” (ドイツ語). Die Welt. 2010年6月22日閲覧。
  14. ^ M+Z-Motors engagiert sich bei Global United FC, Allgemeine Zeitung, 2010年4月19日
  15. ^ Fußball-Weltenbummler will nun Namibia voranbringen, Allgemeine Zeitung (Windhoek) vom 2009年9月24日
  16. ^ Traumjob für Lutz Pfannenstiel - Zwiesler Weltenbummler wird Scout bei der TSG Hoffenheim”. FUPA. 2011年3月7日閲覧。

外部リンク[編集]