リース・オックスフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リース・オックスフォード Football pictogram.svg
Reece Oxford West Ham August 2014.jpg
ウェストハム・ユナイテッドFCでのオックスフォード (2014年)
名前
本名 リース・ジョエル・オックスフォード
Reece Joel Oxford
ラテン文字 Reece Oxford
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
ジャマイカの旗 ジャマイカ
生年月日 (1998-12-16) 1998年12月16日(18歳)
出身地 ロンドン インフィールド区
身長 190cm
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 ボルシア・メンヒェングラートバッハ
ポジション DF
背番号 3
利き足 右足
ユース
-2011
2011-2015
イングランドの旗 トッテナム
イングランドの旗 ウェストハム
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015- イングランドの旗 ウェストハム 7 (0)
2017 イングランドの旗 レディング (loan) 5 (0)
2017- ドイツの旗 ボルシアMG (loan)
代表歴2
2013-2014 イングランドの旗 イングランド U-16 3 (0)
2014-2015 イングランドの旗 イングランド U-17 17 (1)
2015- イングランドの旗 イングランド U-18
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月7日現在。
2. 2015年9月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

リース・オックスフォード (Reece Joel Oxford 1998年12月18日 - )は、イギリスの首都ロンドン出身のプロサッカー選手。ボルシア・メンヒェングラートバッハに所属している。ポジションはディフェンダー

来歴[編集]

幼い頃にトッテナム・ホットスパーFCのアカデミーに入団したオックスフォードだったが、2011年に同じロンドンに本拠地を置くライバルチームのウェストハム・ユナイテッドFCのユースチームに入団[1]。オックスフォードはユース世代のイングランド代表でも活躍し、チェルシーFCアーセナルFCマンチェスター・ユナイテッドFCといった強豪チームからも注目される存在となる[2]
その後2015年7月のUEFAヨーロッパリーグ2015-16シーズンの予備予選のFCルシタノス戦でプロデビュー[3]。更にプレミアリーグ2015-16シーズン開幕戦となった8月8日のアーセナルFC戦では、2008-09シーズンにジョセ・バクスターが樹立した、リーグ最年少の16歳191日でリーグ戦デビューしたのに次ぐ16歳198日で開幕スタメン出場を果たし、2-0での勝利に貢献[4]。またクラブOBのビリー・ウィリアムスが保持していた16歳221日でのデビューをも更新した。

クラブ経歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]