ラオメデイア (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラオメデイア
Laomedeia
仮符号・別名 S/2002 N 3
Neptune XII
分類 海王星の衛星
発見
発見日 2002年8月13日[1][2]
発見者 M・J・ホルマン
J・J・カヴェラーズ
Tommy Grav、
Wesley C. Fraser、
Dan Milisavljevic[1]
軌道要素と性質
元期:2003年6月10日
軌道長半径 (a) 23,613,000 km[3]
離心率 (e) 0.3969[3]
公転周期 (P) 3171.33 日 (8.68 年)[3]
軌道傾斜角 (i) 37.874°[3]
海王星の衛星
物理的性質
平均直径 42 km[4][5]
アルベド(反射能) 0.04 (仮定値)[4]
Template (ノート 解説) ■Project

ラオメデイア[6][7] (Neptune XII Laomedeia) は、海王星の第12衛星である。

発見と命名[編集]

サオは、2002年8月13日にマシュー・J・ホルマンが率いる観測グループによって、セロ・トロロ汎米天文台の 4 m 望遠鏡およびマウナ・ケア山カナダ・フランス・ハワイ望遠鏡を用いた観測で発見された[8][9][10][11]。発見は、ハリメデサオの発見と合わせて、翌2003年1月13日に国際天文学連合のサーキュラーおよび小惑星センターのサーキュラーで公表され、S/ 2002 N 3 という仮符号が与えられた[8][9][10]

海王星に新たに衛星が発見されるのは1989年に探査機ボイジャー2号が海王星をフライバイした時以来であり、また地上観測による海王星の新衛星の発見は、1949年ジェラルド・カイパーネレイドを発見して以来のことであった[10][注 1]。非常に暗く遠方を公転している衛星であるため、ボイジャー2号のフライバイの際には観測できなかったと考えられている[1]

その後2007年2月3日に、ギリシア神話における海の女神であるネレイデスの一人ラーオメデイアに因んで命名され、Neptune XII という確定番号が与えられた[15][16]

特徴[編集]

海王星の不規則衛星の軌道要素を表した図。

ラオメデイアは、海王星を順行している不規則衛星である。図は海王星の不規則衛星の軌道要素を示した図である。半径方向の軸は軌道長半径、角度方向は軌道傾斜角を表しており、横軸の上にあるものは順行軌道、下にあるものは逆行軌道で公転していることを示している。青い数値は、海王星のヒル球の半径に対する軌道半径の割合を表している。黄線は近点から遠点までを示しており、この長さが軌道離心率の大きさに対応している。また、点の大きさは各衛星のサイズを表している。

図の中心にあるネレイドの右上に位置しているのがラオメデイアである。同時に発見されたサオと似た軌道要素を持っていることが分かる。木星土星の不規則衛星は、似た軌道長半径や軌道傾斜角を持ったいくつかのグループに分けられる。同じグループに属する衛星は似た表面の特徴を持っているため、より大きい母天体の破片であることが示唆されている。ラオメデイアとサオも軌道要素が似ているため、海王星の不規則衛星にもこのようなグループが存在している可能性がある[11]

ラオメデイアの直径は、アルベドを0.04と仮定すると 42 km と推定される[4]。他の巨大惑星の不規則衛星と同様に、大きな衛星小惑星彗星の衝突の後に形成されたと考えられている[1]。ただし、太陽系年齢の間のハリメデとネレイドの衝突確率が 41% と高いのに対し、ラオメデイアとネレイドの衝突確率は無視できるほど小さく、また他の不規則衛星との衝突確率も同様であると推定されている[11]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 海王星の衛星ラリッサ1981年に地上からの掩蔽観測で1回だけ検出されているが[12][13]、衛星であることが確定したのはボイジャー2号によって再発見された後である[14]

出典[編集]

  1. ^ a b c d In Depth | Laomedeia – Solar System Exploration: NASA Science”. アメリカ航空宇宙局 (2017年12月5日). 2019年1月24日閲覧。
  2. ^ Planet and Satellite Names and Discoverers”. Planetary Names. 国際天文学連合. 2015年1月11日閲覧。
  3. ^ a b c d Jet Propulsion Laboratory (2013年8月23日). “Planetary Satellite Mean Orbital Parameters”. Jet Propulsion Laboratory Solar System Dynamics. ジェット推進研究所. 2018年12月25日閲覧。
  4. ^ a b c Sheppard, Scott S.; Jewitt, David C.; Kleyna, Jan (2006). “A Survey for "Normal" Irregular Satellites around Neptune: Limits to Completeness”. The Astronomical Journal 132: 171–176. arXiv:astro-ph/0604552. Bibcode2006AJ....132..171S. doi:10.1086/504799. 
  5. ^ Jet Propulsion Laboratory (2015年2月19日). “Planetary Satellite Physical Parameters”. Jet Propulsion Laboratory Solar System Dynamics. ジェット推進研究所. 2018年12月25日閲覧。
  6. ^ 衛星日本語表記索引”. 日本惑星協会. 2019年3月9日閲覧。
  7. ^ 太陽系内の衛星表”. 国立科学博物館. 2019年3月9日閲覧。
  8. ^ a b Daniel W. E. Green (2003年1月13日). “IAUC 8047: Sats OF NEPTUNE; N IN NGC 185; 2003H”. Central Bureau for Astronomical Telegrams. 国際天文学連合. 2019年1月23日閲覧。
  9. ^ a b Brian G. Marsden (2003年1月13日). “MPEC 2003-A75 : S/2002 N 1, 2002 N 2, 2002 N3”. 小惑星センター. 2019年1月24日閲覧。
  10. ^ a b c 木星と海王星に新衛星発見”. 国立天文台・天文ニュース. 国立天文台 (2003年1月16日). 2019年1月24日閲覧。
  11. ^ a b c Holman, Matthew J.; Kavelaars, J. J.; Grav, Tommy; Gladman, Brett J.; Fraser, Wesley C.; Milisavljevic, Dan; Nicholson, Philip D.; Burns, Joseph A. et al. (2004). “Discovery of five irregular moons of Neptune”. Nature 430 (7002): 865–867. doi:10.1038/nature02832. ISSN 0028-0836. 
  12. ^ Brian G. Marsden (1981年5月29日). “IAUC 3608: 1981 N 1; Sats OF SATURN; 1980l”. Central Bureau for Astronomical Telegrams. 国際天文学連合. 2019年1月22日閲覧。
  13. ^ Reitsema, H. J.; Hubbard, W. B.; Lebofsky, L. A.; Tholen, D. J. (1982). “Occultation by a Possible Third Satellite of Neptune”. Science 215 (4530): 289–291. Bibcode1982Sci...215..289R. doi:10.1126/science.215.4530.289. PMID 17784355. 
  14. ^ Brian G. Marsden (1989年8月2日). “IAUC 4867: NEPTUNE; JUPITER”. Central Bureau for Astronomical Telegrams. 国際天文学連合. 2019年1月22日閲覧。
  15. ^ Daniel W. E. Green (2007年2月3日). “IAUC 8802: P/2006 XG_16; Sats OF NEPTUNE; C/2006 P1”. Central Bureau for Astronomical Telegrams. 国際天文学連合. 2019年1月24日閲覧。
  16. ^ No.271: 海王星の衛星に新しい名前 | 国立天文台(NAOJ)”. 国立天文台 アストロ・トピックス. 国立天文台 (2007年2月9日). 2019年1月24日閲覧。