プサマテ (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プサマテ
Psamathe
Psmathe feat.jpg
発見
発見年 2003年
発見者 S・S・シェパード
D・C・ジューイット
軌道要素と性質
海王星からの平均距離 46,695,000km
離心率 (e) 0.4499
公転周期 (P) 25年?
軌道傾斜角 (i) 146.60°
海王星の衛星
物理的性質
直径 24km?
Template (ノート 解説) ■Project

プサマテ(Psamathe)は、海王星衛星

概要[編集]

プサマテは海王星の周りを逆行している不規則衛星スコット・S・シェパードデビッド・C・ジューイットによって 2003年に発見された。プサマテの平均軌道半径は海王星から46,695,000km離れており、25年もの歳月をかけて軌道を回る。直径は24kmほどと考えられる。仮名称S/2003 N 1として知られる。ネソと似た軌道要因であり、この2つは大きな衛星が崩壊してできた不規則衛星と考えられる。

命名の由来[編集]

他の海王星衛星と同じく、ネレイデスの一人プサマテーから名づけられている。

関連項目[編集]