マリオン・スコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリオン・スコット
Marion McCarrell Scott
Marion McCarrell Scot.jpg
生誕 (1843-08-21) 1843年8月21日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ケンタッキー州バーレン郡テンプル・ヒル
死没 (1922-05-03) 1922年5月3日(78歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ハワイ準州ホノルル郡ホノルル
墓地 オアフ墓地(ホノルル)
出身校 ウラニア・カレッジ
バージニア大学
職業 教育者教育行政官

マリオン・スコット(Marion McCarrell Scott、1843年8月21日 - 1922年5月3日)は、アメリカ合衆国教育者明治時代に来日したお雇い外国人の一人であり、1872年(明治5年)に設立された師範学校筑波大学の前身諸校の一つ)で実物教授法一斉教授法を指導した。

来歴[編集]

ケンタッキー州生まれで、南北戦争の最中にバージニア大学を卒業する。その後、カリフォルニア州で教師をしていたが、当時アメリカに外交官として駐在していた森有礼に乞われて、1871年に来日して大学南校英語教師となる。

翌年学制公布に際し、教師育成の為に設置された師範学校(後の東京高等師範学校東京教育大学)唯一の教師として教育学を講義した。アメリカの公教育をモデルとした近代的な教育(一斉教育法ペスタロッチ主義直感教授法)を伝授した。1874年に師範学校退職後も各種の公立学校の語学教師を務めるが、政府の方針との対立から1878年に解雇され、1881年に帰国した。

帰国後はハワイに移住して現地の視学官や地元のマッキンレー・ハイスクールの校長を務める一方、日本に関する論文発表やハワイに移住した日系人と現地のアメリカ人との融和に尽くすなど日米友好に努めた。

関連文献[編集]

  • 平田宗史 「M M・Scottの活動と業績」(『教育学研究』第45巻第1号、日本教育学会、1978年3月)
  • 古賀徹 「マリオン M・スコットの研究 : ハワイ時代を中心として」(『教育学雑誌』第25号、日本大学教育学会、1991年3月、NAID 110009898953
  • 古賀徹 「マリオン M.スコットと日本の教育」(『比較教育学研究』第17号、日本比較教育学会、1991年7月)
  • 武内博 「我が国師範教育の父 スコット」(国立教育会館編 『日本の近代化をになった外国人 : フォンタネージ・クラークとケプロン・スコット』 ぎょうせい、1992年5月)
  • 佐用章子 「師範教育 : 開発教授法を指導したスコット」(日本放送出版協会編 『日本の『創造力』 : 近代・現代を開花させた四七〇人 15 貢献した外国人たち』 日本放送出版協会、1994年2月)
  • 平田宗史著 『エム・エム・スコットの研究』 風間書房、1995年3月、ISBN 4759909419
  • 「スコットの出自と来日の経緯」(武内博著 『近代西洋の光 : 来日西洋人と日本洋学者群像』 日本古書通信社、2007年6月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]