マティアス&マキシム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マティアス&マキシム
Matthias & Maxime
監督 グザヴィエ・ドラン
脚本 グザヴィエ・ドラン
製作 グザヴィエ・ドラン
ナンシー・グランフランス語版
ナタリエル・カルミッツ
エリーシャ・カルミッツ
製作総指揮 フィービー・グリーンバーグ
マイケル・クロニッシュ
ミヒェル・メルクト
出演者 ガブリエル・ダルメイダ・フレイタスフランス語版
グザヴィエ・ドラン
ピア=リュック・フランクフランス語版
アントワーヌ・ピロン
音楽 ジャン=ミシェル・ブレフランス語版
撮影 アンドレ・ターピンフランス語版
編集 グザヴィエ・ドラン
製作会社 サン・オブ・マニュエル
テレフィルム・カナダフランス語版
配給 カナダの旗 レ・フィルム・セヴィルフランス語版
日本の旗 ファントム・フィルム
公開 カナダの旗 2019年10月9日
日本の旗 2020年9月25日
上映時間 120分[1]
製作国 カナダの旗 カナダ
言語 英語
フランス語
興行収入 世界の旗 $1,627,655[2]
日本の旗 5000万円[3]
テンプレートを表示

マティアス&マキシム』(Matthias & Maxime)は2019年カナダドラマ映画。監督はグザヴィエ・ドラン、出演はガブリエル・ダルメイダ・フレイタスフランス語版など。幼なじみの2人の男性の葛藤と苦悩を痛切に描いたラブストーリー[4]

ストーリー[編集]

マティアスとマキシムは古くからの友人だった。自主製作映画に出演した際、2人はキスシーンを演じることになったが、そのことをきっかけにセクシャル・アイデンティティが揺らぐことになった。

キャスト[編集]

製作[編集]

2018年1月30日、グザヴィエ・ドラン監督が新作映画『Matt & Max』の製作に着手しており、ドラン本人とアンヌ・ドルヴァルが出演する予定だと報じられた[5]。8月、ピア=リュック・フランクとミシュリーヌ・ベルナールの出演が決まった。なお、この時点で本作のタイトルは『Matt & Max』から『Matthias & Maxime』に変更されていた[6][7]。同月15日、本作の主要撮影がカナダのケベック州で始まった[8]。11月9日、ハリス・ディキンソンが本作の撮影に参加していたことを明かした[9]。2019年10月25日、マーキュリー・クラシックスが本作のサウンドトラックを発売した[10]

公開・マーケティング[編集]

2018年9月4日、本作の劇中写真が初めて公開された[11]。2019年5月22日、本作は第72回カンヌ国際映画祭でプレミア上映された[12]。9月23日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[13]

日本ではジョージ朝倉による少女漫画溺れるナイフ』とのコラボポスターが発表された[14]。しかし、そのポスターイラストの内容が映画の主役男性同士を『溺れるナイフ』の「男女」キャラクターに置き換えたものであったことから、SNSを中心に同性愛を軽視する行為であるとして批判を浴びた[15]。配給のファントム・フィルムは謝罪文を公表し、ポスターを取り下げたが、その謝罪の内容が傷つけられた当事者ではなく『溺れるナイフ』の作者に配慮しているかのようなものだったため、さらに波紋を呼んだ[15]。この騒動は「ヘテロウォッシュ英語版」の一例として指摘されている[16]

評価[編集]

本作に対する批評家からの評価は平凡なものに留まっている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには51件のレビューがあり、批評家支持率は61%、平均点は10点満点で6.15点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「グザヴィエ・ドラン監督作品のファンならば、過去作よりも緊迫感があることを高く評価するかもしれない。しかし、『マティアス&マキシム』は魅力的な作品であるが、観客を苛立たせる作品でもある。」となっている[17]。また、Metacriticには12件のレビューがあり、加重平均値は59/100となっている[18]

トロント国際映画祭は本作を「2019年のカナダ映画トップ10」の内の1本に選出した[19]

出典[編集]

  1. ^ マティアス&マキシム”. 映画.com. 2020年6月20日閲覧。
  2. ^ Matthias & Maxime (2019)” (英語). The Numbers. 2020年6月21日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報』2021年3月下旬特別号 p.58。
  4. ^ マティアス&マキシム”. WOWOW. 2021年8月22日閲覧。
  5. ^ van Hoeij, Boyd (2018年1月30日). “Xavier Dolan Reveals His Eighth Feature, 'Matt & Max' (Exclusive)” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/xavier-dolan-reveals-his-eighth-feature-matt-max-1079160 2020年6月21日閲覧。 
  6. ^ “Pier-Luc Funk jouera dans le prochain film de Xavier Dolan” (フランス語). Radio Canada. (2018年8月15日). https://ici.radio-canada.ca/nouvelle/1118027/pier-luc-funk-prochain-film-xavier-dolan-matt-max 2020年6月21日閲覧。 
  7. ^ Etienne, Anne-Lovely; Lapointe, Bruno (2018年8月17日). “Micheline Bernard dans le film de Xavier Dolan” (フランス語). Le Journal de Montréal. https://www.journaldemontreal.com/2018/08/17/micheline-bernard-dans-le-film-de-xavier-dolan 2020年6月21日閲覧。 
  8. ^ Dolbec, Lysandre (2018年7月20日). “Xavier Dolan en tournage dès la mi-août!” (フランス語). Envedette. オリジナルの2020年10月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201029022348/https://www.envedette.ca/stars/cinema/xavier-dolan-en-tournage-des-la-mi-aout-1.4156042 2020年6月21日閲覧。 
  9. ^ Moss, Jack (2018年11月9日). “Actor Harris Dickinson Discusses Playing Gay Characters as a Straight Man” (英語). Another Man. https://www.anothermanmag.com/life-culture/10588/harris-dickinson-actor-postcards-from-london-film-interview-2018 2020年6月21日閲覧。 
  10. ^ “‘Matthias & Maxime’ Soundtrack Album Announced” (英語). Film Music Reporter. (2019年10月14日). https://filmmusicreporter.com/2019/10/14/matthias-maxime-soundtrack-album-announced/ 2020年6月21日閲覧。 
  11. ^ Barfield, Charles (2018年9月4日). “First Look: Xavier Dolan Begins Production on ‘Matthias & Maxime’ As We Get A Look At The Cast” (英語). The Playlist. https://theplaylist.net/xavier-dolan-matthias-maxime-20180904/ 2020年6月21日閲覧。 
  12. ^ Tartaglione, Nancy; Wiseman, Andreas (2019年4月18日). “Cannes Film Festival 2019 Lineup: Malick, Almodóvar, Dardennes; Four Women Directors In Competition – Full List” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2019/04/cannes-film-festival-2019-lineup-full-list-movies-official-selection-competition-1202598140/ 2020年6月21日閲覧。 
  13. ^ Matthias & Maxime — Official Trailer” (英語). YouTube. eOne Films (2019年9月23日). 2020年6月21日閲覧。
  14. ^ “「溺れるナイフ」がグザヴィエ・ドラン最新作とコラボ、ジョージ朝倉描き下ろし”. コミックナタリー. (2020年9月22日). https://natalie.mu/comic/news/397449 2020年9月29日閲覧。 
  15. ^ a b “男性どうしの揺れる恋心を描いた映画と「コラボ」したイラストが男女に置き換えられ炎上、謝罪へ”. OUT JAPAN Co.Ltd.. (2020年9月27日). https://www.outjapan.co.jp/lgbtcolumn_news/news/2020/9/34.html 2020年9月29日閲覧。 
  16. ^ 川瀬みちる (2020年10月3日). “男性同士の恋愛を男女に置き換えたのは何が問題だったのか。映画『マティアス&マキシム』コラボポスターにおける「ヘテロウォッシュ」の問題”. ハーバー・ビジネス・オンライン. https://hbol.jp/pc/229584/ 2020年10月3日閲覧。 
  17. ^ Matthias & Maxime” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年6月21日閲覧。
  18. ^ Matthias & Maxime Reviews” (英語). Metacritic. 2020年6月21日閲覧。
  19. ^ Wilner, Norman (2019年12月11日). “TIFF announces Canada's top 10 films of 2019” (英語). New Toronto. https://nowtoronto.com/movies/features/tiff-top-10-canadian-films-2019/ 2020年6月21日閲覧。 

外部リンク[編集]